ケイヤとマッチのいろいろ日記

ケイヤとマッチの日常の日記です。日々の生活やゲームのことが主な内容です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高知日帰り旅行!!

2010-05-02 08:05:00 | 第1.5期【2010.3.16-2011.3.31】
昨日は更新できなくてすみません。
11時半に帰ってきたのはよかったんですが,疲れて寝ちゃいました。

ということで今回は昨日の高知旅行のことを少し書いておきます。
いやー,今回の旅行は結構ハードメニューでした。

午前9時15分,家族も起きて着替えたということで出発。
ただ高速道路に入るまでが大変でした。GWの渋滞に見事にやられることに(汗)。

そっから高知まで高速道路。ただ今回行くとこは四万十川ではなく南国の方。
ということで南国の方に行くには宇和島から回るのではなく川之江(現四国中央)から。

意外な人も多いだろうということで書いておきました。
あんまり四国の事情とか知らない人も多いでしょうから。

四万十の方から回ると結構長いんですよね。
大洲とか海沿いの街通ってしまうので。その点川之江までは石鎚山の近く通るし。

ちなみに僕達が行く南国。何て読むか分かりますか。
なんごく? じゃないですよ。答えは自分達で調べてみてください(笑)。

ということでなんやかんやで3時間の移動の旅(in高速道路)を終了。
ただこっからが長かった…。

岩崎弥太郎の生家に今回行こうと思ったんですがこっからまた遠いんですよ。
南国市で高速終わり(そっからは高知方面)なのでこっからは一般道なんですよね。

安芸市に向かわないといけないということでまた車の移動。
親といろいろダベっていました(学校の話題とかプロ野球の話題とか)。

そして安芸市に無事到着。岩崎弥太郎もすぐだと思ったら…。
なんと安芸タイガース球場という春季キャンプなどで使用されている球場が。

時間も余裕があるので少し行って見ることに。
2003年の阪神優勝のレリーフなどがあり結構おもしろかったです。

ということでやっとのことで岩崎弥太郎の生家に到着。
岩崎弥太郎はご存知の方も多いと思いますがあの三菱の創業者です。

今年やっている大河ドラマ「龍馬伝」でも頻繁に登場しているのでそれで覚えているかと。
まあ私はあまりみていないので詳しくはわかりませんが(汗)。

母親に「ホントにあそこまで貧乏だったの?」という疑問があってそれを解消しようと。
実際行ってみるとそこまで貧乏でもなかったのかなという感じですかね。

一般の農家よりも少し裕福くらいの家だった気がします。
瓦葺の家っていうのがいまどきなくて珍しかったですが(笑)。

庭には日本列島をかたどった石の集合体がありました。
弥太郎が作ったようですが実際は近所の子供と作ったようです…。

なんで日本列島の形が弥太郎にはわかったかというと,
弥太郎の母が医者の妹? だったから分かったのかな。なんかそんな感じでした。

ただこの弥太郎の生家,もの凄く人気がありたくさんの方が来訪していました。
黄色のハッピをきた役場の人(学芸員)もたくさんいましたし。

ぶっちゃけ大河ドラマ効果だとは思いますけどね(汗)。
だって日本史好きでも弥太郎の家には正直いく気にはなれませんよ。

それから少し移動して野良時計を見ることに。これ結構有名らしいです。
みたんですが…。正直いって札幌の時計台みたいな感じでした。

現在でも時を刻んでいるっていうのが凄いですよね。明治時代につくられたとか。
個人的にはその近隣の民家が勝手に入る人が多くて可哀想でした。

そっから近くの武家屋敷に行ってまた別の場所でアイスを食べることに。
父・弟はパンプキン,私はナス味を食べました。結構おいしかったです。

これで弥太郎めぐりは終了ということで中岡慎太郎の生家に行くことに。
中岡慎太郎というのは坂本龍馬と一緒に殺された人っていったらわかるかな。

ただその前にモネの庭というところに行くことに。
クロード・モネ,印象派,「睡蓮」を描いた人っていえばわかりますよね。

ぶっちゃけ幕末史には関係ないんですがぜひ行きたいということで。
実際に行ってみると結構広かったです。しかも睡蓮の景色がメッチャよかった。

赤のやつがちゃんと咲いていましたからね。あと太鼓橋もありました。
さらに風の丘展望台に行くと太平洋の景色が一望できてメッチャ綺麗でした。

ただここまで歩くのに少し疲れましたが。
遊歩道ってくねくねしているので結構大変でした。

そんな感じでモネの庭を発って中岡慎太郎の生家に到着。ただ場所が辺鄙すぎる…。
発電所の近くでめっちゃ山奥のところにありました。

生家の前に中岡慎太郎館があるということで行くことに。
見ると普通のハコモノでしたが収蔵物をキチンと公開していることはいいですね。

中岡慎太郎が結構偽名を使い分けていることははじめて知りました。
まあ脱藩者は本名使うわけにはいけませんしね。いろいろ使っていました。

ただ中岡慎太郎と坂本龍馬の意見ってのは少し違っていたのかなと。
中岡慎太郎って討幕派ですよね。龍馬は徳川の政治を目指していたのでどうかなと。

まあ素人のいうことですのでそんな気にしないでください。
2階にも史料がいろいろ展示されていておもしろかったです。

龍馬と比較するとあまり手紙を書いていないことですかね。
さらに手紙の内容も短い。言いたいことを書いている,って感じですね。

まあそんな感じで中岡慎太郎館を過ぎて生家に。
ただこの生家は復元されたものなのでちょっと残念でした。

中岡慎太郎と岩崎弥太郎を比べると中岡慎太郎の方が幼少時代は裕福だったのかも。
大庄屋の息子でしたからね。ただそれでもしっかり学問を修めたのは凄い。

ということで中岡慎太郎館を後にして室戸岬に行くことに。
ここは是非行ってみたいということで親に頼んでみました。

ただここから室戸まで24kmと結構遠かったです。
岬っぽいフェイクもあってちょっとムカつきました。

まあなんやかんやで室戸岬に到着。メッチャ景色が美しかったです。
ホント太平洋が一望できました。水平線が見えて,とにかく凄かった。

まあ実際室戸岬まで来ようという人はそんないないでしょうからね。遠いし。
でも行く途中も海の近くを通るので結構オススメの場所です。

遊歩道を通ったり海岸の岩に登ったりといろいろ遊びました。
珍しい石っぽいのもあって弟と一緒に持って帰りました(笑)。

遊歩道の途中に烏帽子岩とかなんかの木がありました。
木はなんか絡みついていてちょっと不気味でしたが。

国道を通って帰りました。展望台の景色も綺麗でしたよ。
ということで少し車で山道を走って室戸岬灯台へ行くことに。

途中道を間違えそうになりましたがなんとか到着。
灯台をあんな身近(ほぼ真正面)に見るのは初めてで結構感動しました。

ただほぼ真っ暗で道を歩くのは結構怖かったですが。
しかも途中にお寺があってより肝試しを連想させられました。

ということでついに本日の旅行終了!!
ここまで満喫したのは久しぶりでした。とにかくおもしろかった。

それではまた次回の記事で。



~編集後記~
今回の旅行はホントにおもしろかったです。まあ読むのは大変だったと思いますが。
実際行ってみるといろいろな発見があって結構楽しめました。

結局映画鑑賞は5月3日か4日に延期となりました。行く予定ではありますが。
今回のは怪盗キッドとの対決ということで期待したいところです。

あと今日は夜親戚の方と焼肉会でその後合宿があります。
いやあマッチとGWに遊ぶのは小学校以来ですね。試合とかマッチもありましたし。

こんな感じでGWは満喫していますが宿題が全然進んでいない…。
ちょっとヤバいので少しは今日やっておきたいと思います。

ということでまた明日。
See you tomorrow!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いっぱい書こう! | トップ | ブログ開始1500日記念 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エトリッヒ)
2010-05-02 13:49:44
高知にも結構
幕末関連の史跡って多いみたいですね~

ってか前も思ったけど旅行の内容
よくそんな詳しく書けるなぁ・・・
分量も多いし(笑)

宿題がやばいのはこっちも同じ
がんばろうな(´;ω;`)ウッ…



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
南国市からおはようございます (日々のあれこれ日記)
南国市からお届けします。
大洲のこと (ともりんぶろぐ)
大洲市在住です。毎日をハッピーに過ごしたいです~