話の聴き方(傾聴)教室 傾聴ハピネス

傾聴ハピネスは「聴くこと」(傾聴)の大切さ・素晴しさを皆様にお伝えする活動をしています。聴き方で生き方が変わります。

ときめき片付けで見えたもの

2016-12-30 | 日記
こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、年内に何とかときめき片付けをしたいとおもいtryしました。

まず手始めに自分の机周辺の片付けに取り掛かりました。

こんまりさんによれば基本、「書類は全部捨て」だそうです。
事務的な書類はその都度処分しているのですが、本棚や引き出しを占領していたのは大量の過去のレジュメでした。

この仕事を始まって早7年が経ちましたが、開業当初からのレジュメ、すべて紙ベースで保存していました。
もちろん、同じものがパソコンにも保存してあります。
翌年の仕事の依頼をいただいた時に参考にしようと、紙ベースで依頼先ごとにファイリングして保存したのですが、いつの間にか大量になり整理するのもままならず…。
結果本棚の隙間に押し込んでそのまま休眠状態になってしまい、参考にさえできなくなっていました。

やっと捨てる勇気が出ました。
「活かしていない、使っていないのは大事にしていないということ」
こんまりさんの言葉に納得です。

というわけでレジュメを処分したらなんとゴミ袋5つ
内容も確認しながら仕分けたのですが、初期のことのレジュメを見ると自分の未熟さに恥ずかしくなりました。
そして、もっともっと研鑽していい講座を提供したいと思いを新たにすることができました。

さらには、自己理解も深まりました。


どうしてこんなにレジュメを取っていたのだろうと考えました。
それは自信のなさの裏返し。
中身や経験が薄いからこその、「これだけたくさん講座をやった」という自己満足。
「たくさんやっている」ことへの自己承認、承認欲求だったと気づきました。

今は、少しは自信をもって仕事ができています。
良い講座を提供しようという思いは誰にも負けません。
だからこそ、過去よりもこれからを見て行きます。
過去のレジュメをプリントして取っておくもう必要はありません。

片付けをしてみて、きれいになる以外にこんな大きな成果があったことに感動です。

片付けは心の整理になるんですね。
2016年を締めくくる心の大掃除ができて清々しい気分になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意志あるところに道は開ける | トップ | 2016年 大晦日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事