話の聴き方(傾聴)教室 傾聴ハピネス

傾聴ハピネスは「聴くこと」(傾聴)の大切さ・素晴しさを皆様にお伝えする活動をしています。聴き方で生き方が変わります。

それは誰のためのひと言か

2017-03-07 | 日記
相談業務をしているときに常に意識していることがあります。

相手の方に対して言葉を発する前に「それは誰のためのひと言なのか」と自分に問いかけることです。

話を聴いていると、感情が動き私自身が言葉を発したくなります。
相談業務ですので、やはりどこかで何か役に立ちたいという思いが湧いてきます。

しかし、ここが要注意なんです。
カウンセリングは、相手の方に自己理解をしていただき自ら決断できるように、相手の方を受容し寄り添いながら話を聴いていきます。
ですが、相談業務となるとつい助言的な言葉が出てしまいます。
でも、助言のように見えて、実は相談員自身の感情放出が根底になって発する一言なのです。

例えば、これから面接に行こうとする人に、「あそこの会社の社長さんはちょっと癖があるけどいい人だからね」とか、面接が終わって「その時はこうすればよかったよね」などとこちらから先に言ってしまうことです。
この助言にはどちらも相談員の感情が表れているのです。

「ちょっと癖のある」は相談員個人の捉え方から来ているものです。
わざわざこの言葉を発するのは、何も知らないで行くとこの人が困るのでは・・・という、実は相談員自信の不安感情です。

「こうすればよかったね」も、相談員の価値観や経験からくる押し付けです。
ポイントは、相談員が先に言うことにあります。
相手の方を中心にしてかかわるのであれば、相手の方からどうすればよかったかと尋ねられて初めて、「こういう方法もあるかも」という形でお伝えし、そのうえで相手の方が自分で判断できるように寄り添い、その判断を尊重していくことが必要です。
しかし、こちらから先に言うということは、相談員自身の相手への評価や批判の感情をぶつけているに他ならないのです。


どちらも、言われた方が不安になるのです。

これから頑張ろうとしている人に、おせっかいな一言で不安をあおる。
頑張ってきた人の気持ちをくじくような上から目線のひと言。

相談業務に関わるものとしては、自分の発するこのひと言がいったい誰のためのものなのか、そして、そのひと言で相手の方がどんな気持ちになるのか。
多くの場合、相談員の感情を放出して相談員自身が満足していることに、相談員自身がもっと気づく必要があると思います。

相手の方を支援しようと思うならば、相手を不安にさせる言葉をこちらが先に投げかけてしまうことの影響を認識して、業務に携わることが重要です。

久々に他の方が関わった余計な一言を発した場面に遭遇し、怒りを覚えたと同時に自分自身への戒めとしてブログに残します。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己理解することは相手を理... | トップ | 美味しいごはん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事