めざせ軽トラキャンパーへの道

お金の無い中年おやじの手持ちの資材 工具でどこまで軽トラキャンパーが作れるか チャレンジをブログで綴ります!

小春日和 鯛祭り?

2016-11-05 19:20:26 | 魚釣り
すでに秋も深まり 晩秋と言える季節 昨日はすごい季節風が吹いていたが 本日は 小春日和になるとの予報! 昼から仕事があるため おさそい頂いた 遠征は参加できないが 午前中のカヤックはできるとの判断で 鯛祭り会場へ レッツGoo! 

風も波も無いとの予報であったが 波はあります 風も吹きます が・・・・このエリアとしてはまだ穏やかな様子 さて 前回 安物ベイトリールが破損して焦ったが 今回は5ボールベアリング内臓 ダイワのベイトリールを持参した 2年ほど前に タックルベリーで中古1080円で買ったものだ・・・・ さて使い心地は・・・・・・! 繊細な鯛を釣るために 道糸は0.8号の4編PEこれは 春の親アオリ釣りで使っていたもので100mある リダーはフロロ4号に落とした タイラバは10号(38g) 丸い玉おもりを両面たたいてタイラバ風にした物と 市販の針+スカート+ネクタイ2つで540円の物である かなり細仕掛けとなるが これが標準的な仕様とネットでしった で 期待の第一投目 スルスルスムーズに道糸が出て行き 巻き上げもスムーズが さすが古くてもダイワの製品だね! 前回ぶっ壊れたベイトリールは無名メーカー ベアリングも2個か3個程度 スプールもプラッチックとチープな製品だった! 一流し目で 40Cm程度ののマゴチがヒット! 幸先いいが もうマゴチは食べないのでリリースする で2長流し目 地面を釣って 引っ張ったら簡単にPEが高切れする オマイゴット! PE2号ならこんな簡単に切れないのに0.8号はやっぱり 華奢だねと うねる海で PEーダーをを結ぶ その間 信じられないくらい 流されて 仕掛けが出来た頃には 漕ぎ戻りが必要となる やれやれである 細仕掛けにしたので 7400円のタイラバロッドでも 前あたりやあたりが頻繁に出るが なぜか食い込まない・・・まつ激安タイラバだしね・・・! 小さいあたりのあと ぐんぐんと引き込まれるが 途中でフックアウト 今日は表面にはベイトは見えないが魚探には 表層をベイト団子が時折現れる その団子の下や後ろに大きなお魚マークがついているので ひょっとして青物でもいるのか? で2時間ほどなにも釣れないというより 流れが速すぎて あっという間に流されて漕ぎ戻りの繰り返しでしんどい!  タイラバはもう1回根掛で高きれして 大変な思いをするが 細仕掛けの方が確実に釣れるのがわかったので我慢だ! またタイラバ1個ロストしても350円程度の損害なので気が楽だ!    なんだ
かんだで既に11時 このままタイラバではボウズ食らいそうなので 昨日BS 釣りビジョンのタイラバ釣りで タイラバで釣れないときに 同じ竿を使い サビキ仕掛けと10号おもりで行う 同付き仕掛けでの方法で真鯛を釣っていたのを思い出し 早速 仕掛けをつけて なおかつ 前回余った 付けエサのオキアミをつけて 投入 いつもなら アンカー打つか 流しても置き竿方式だったが 釣りビジョンでは タイラバと同じく一定の速さで巻き上げしていたので 真似て 底から10mほど巻き上げした でやっとこ・・・/font>


チャリコゲット!

少しサイズアップしてまたゲット! やっぱり一定に巻くといいようだ!で 今度はなんと・・・・

キスもゲット オキアミ食べるんですね!


マイクロハゼもゲット! 写真よりものすごく小さいですよ あんな流れのはやい所でよくエサに食らいついたものだと感心した

めっちゃ引くので こんどこそ真鯛かと喜んだが 釣りあがってきたのは 35Cmあろうかと思う サバフグでした で12時過ぎ 風もすごく吹き出したので 沖き上がりとなる タイラバではマゴチのみだったが 同じ竿で 同付きなら釣れる事がわかり 次回が楽しみである 次回からは オキアミのエサ 一本で大漁だ! 本日の釣果!

料理しがいがある また鯛飯たべられるぞ!
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイラバ 入魂!カヤックフ... | トップ | 木枯らし到来 さぶ!!で ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。