めざせ軽トラキャンパーへの道

お金の無い中年おやじの手持ちの資材 工具でどこまで軽トラキャンパーが作れるか チャレンジをブログで綴ります!

カヤックネタですまん!By晩秋の三河湾

2016-11-20 00:28:52 | 魚釣り

11月18日 夜明けの三河湾 美しい風景に心が癒されます! 本来はキャンパーネタのブログなのだが 最近は釣り 釣り 釣りばかりですまん!状態 さて遠征してまもないが 新鮮な魚はうまい!で いつもチャリコばかり釣っていたが アジやサバなど青物も食べたい スーパーで見る魚は残念だが 目が死んでいる!死んでいるので 本来のうまさはない なので 干物や加工物でないと 魚は食べなくなった 平日なので 貸し切り状態 だが 逆に漁船や船舶がひっきりなしに航行しており 特に大型船が通ると すごい引き波がくる 今回 高低差2mくらいに感じる 巨大な引き波を経験した 海底の形状変化と思われるが そこの場所だけ すごい波音を立てながら 高波が過ぎていく場所に遭遇してしまい シマッタ!と思ったが パニクらずに 船首を波に向けてさらに バックしながら 波の頂点が来たら前進して 自分の思う描く パドルさばきをする高低差は目測2m ただしピッチがある程度あるので 全長4mあるので真横に波を受けなければ転覆はしないと言い聞かせて 体の重心を波に逆らわないように動かしてパドリングを併用しつつ やりすごす スタンが波に刺さると相当危険なので この体重の移動 主に後ろ側に体重移動だが なるべくスタンが浮くようにする で3ぱつほど ひどい引き波をやり過ごした でも それでも 飛沫で全身濡れた いい経験をした 小型のカヤックがはやりだが やっぱり長さは武器になるなと実感する いつもこのエリア 早朝は風と波があり 潮流も早く 船舶の引き波と相乗効果で この様な波がでる 文章を読んでいる方は やっぱり危険と思うかもしれないが 実感では 逆にカヤックて安定しているなと思うのである それは人力で漕ぐことにより スピードが出ず 木の葉のような細長い船体は波をいなしてくれる いろいろな船はあるが カヤックフィシング艇はやっぱり 頼もしい相棒である! 
さて本日は中ごろの中潮なのでそれほど潮流はないかと思ったが 想像以上に激しい流れ あっと言う間に流れてしまい パラアンカーも効かない 根掛=高切れ 2回もリーダーを接続する羽目となる 漕いでは戻り 漕いでは戻りで 当たりもなくさすがに疲れる 5本サビキ +オキアミ刺しえ+同付き仕掛けで挑んでいたのでエサ取りくらいはと思うがまったくオキアミも食われることなく戻ってくる 今年は寒さが早く来て さすがに冬の三河湾になったかと思ったが 海水に手を入れると暖かい 気温は低くてもまだ海水温は高く維持しているようだ 流れが速すぎてなんともできず3時間が過ぎ 岸よりに移動 すぐにあたりが出だしたが 常連のグーフーや妖怪ベラがちょいちょいちょっかいを出してくる 特にグーフーは針を折ったり切ったりするので厄介だなので また潮流激しいエリアに漕ぎ戻り 必死に漕ぎ連をする 12時やっと 魚探にいい反応が出て 待望の アジを2連 3連掛けを体験する 小さいけど よく引くね!

午後1時 少し潮の流れが落ち着いて チャリコ2匹といつものように型の良いキスをオキアミで釣る

その後も単発でアジを釣るがそろそろ2時 もう上がろうかと出艇場所へ漕ぎ戻りつつ そう言えば本日 まだ1回もタイラバしてないなと思い出しあと1時間タイラバ勝負! ですぐに40アップのマゴチゲット いい引きをしたので待望の真鯛かと思ったが 上がって来て 少々がっかり もういいよマゴチくん 今年は沢山ゲットしたよと 心の中で思ったが 獲物も少ないのでキープ で事件が起こった!


多少 潮流が収まったとは言え あっと言う間に流されるのでなんども なんども 漕ぎ連していて疲労がたまり 漫然としていたのも事実である 当然ながらパラアンカーもなんども投入 回収を繰り返していた そんな折 パラを投入してなんだかいつまでもそこにあるなと疑問に思ったがなにが起きたのかが鈍った思考では理解できなかった パラが前方に流れず 下に下に沈んでいくのが見てとれた で本来 トロリーアンカーロープシステムのD菅に繋がっているはずのパラアンカーがなぜか外れており パラのみ静かに海底に沈んで行ったのが まさに
オーマイゴット!

パラアンカーがないと本日の流れでは釣りにならないのでここで終了宣言!午後3時沖上りとなる 11月も仕事が少なくとてもパラシュートアンカーを買う予算もないので どうしようかと悩むが そう言えば他のボンビーカヤッカーが雨傘を使って格安パラアンカー作っていたのを思い出して いっちょ 作ってみようかと前向きに考えた! 本日の持ち帰り獲物達!

で今回はアジの姿作り挑戦


そんでもって 鯛は全て刺身 キスとアジは空揚げにして食べました やっぱり新鮮なアジは身が熱く 嫌な臭みもなくうまかったです さて雨傘パラでも作りますか?
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イトヨリ鯛の一夜干しがあま... | トップ | 出稼ぎ?By 神奈川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。