めざせ軽トラキャンパーへの道

お金の無い中年おやじの手持ちの資材 工具でどこまで軽トラキャンパーが作れるか チャレンジをブログで綴ります!

2016年9月9日 災難な釣り日和!

2016-09-18 02:51:54 | 魚釣り
台風シーズンにしては天候が良く 真鯛やヒラメを狙いに出撃 色んな意味で最悪の日となるので記録しました!

竿先から ガイド2個分まで ポキッ!
ヤフーの天気予報ではまずまずのカヤック日和となるため出撃 大潮となるが 朝は満潮を迎えている時間帯でもある 旧暦の満月となり 昨夜は 体には悪いが 月見団子をたらふく食べた! 三河湾の出入り口に近い エリアなので 大潮がどれくらいなのか 調査も含めてのカヤックフィシングでもある朝の7時 ゆったりと出撃 風もなく 波もなく 穏やかである カヤックもスイスイと進む 1時間ほど魚信なし! まっ 満潮 潮止まりしねと思っていたが 潮が流れ出してもタイラバにあたりなしで大潮・・・・ 結構流れはある 100gタイラバ&パラアンカーでなんとか成立しているがあっとゆう間にカヤックが流されていく 頻繁に漕がないとならないので 釣りより運動日となる 水深10mくらいが一番魚探に反応があるが タイラバに当たりはない 水深15mこちらは魚探にすら反応なし 水深25~25m 時折 魚探に反応があるが タイラバに当たりはなし で かなり広範囲に魚探を見ながら 地形と反応を調べてみる 午前11時頃 沖合 1Km 陸の岬の沖となるが 明らかに魚探が騒がしく反応するエリアを見つける 近くには遊漁船もいる で遊漁船の方から すごいよ~ 50Cmの真鯛だ慎重にやり取りしろよ!と船長の声と うれしそうな釣り人の感性が聞こえてきた でどうやら釣り上げた様子だ これなら自分にもチャンスがあるかもと せっせと流してみるが 今まで全くなかったあたりがショートバイトで反応が数回でた これなら初の真鯛ゲットかと内心 ほくそ笑んだが 遊漁船から大声で 邪魔だ どっか行けとおしかりを受けて海でのトラブルは避けたいので   すごすごと そのエリアから 離脱した! でタイラバを2個 根係で消失! ショック! 2000円ロストである PE高切れなので ノットを組む頃には 相当流されて 漕ぎ戻るにもしんどいしね! で2回目のタイラバ 根掛かりの時に運悪く ロッドのテップにPEラインが絡まり さらに 運悪く リールもなぜか糸絡みで糸が出せなくなり で早い流れである ぐいぐい竿が押されて どうしようもない ナイフでPEラインを切ろうかと思った瞬間 上記 写真の様に 先端がポキッ! 心もポキッ! やる気もポキッとなりました ボンビーな釣り人なので 入門用クラスではあるが 有名なメーカー メジャークラフトのタイラバロット SPJ-B66ML/TR 定価7400円 2年前 少ない資金から捻出して購入した 自分では 清水の舞台から飛び降りると言うか まっさかさまに落ちるくらいに意をけ決して購入した思い出の竿でもある カヤックフィシングを始めてから4年 このメジャークラフトシリーズ テップラン用 ライトジギング用 でタイラバ用の3本は 宝物扱いでした その他の竿は 30年以上も前に していた釣り竿等で 最近買った物は1000円クラスの安竿のみでしたので とにかくショック・・・・! 
教訓! 大潮の日は避けて釣りしろ!
午後12時ごろ 出撃地に戻りカヤックの片付けも終わり 海を見ると 例の遊漁船が居なかった 干潮迎えたのと半ドンと思われるので港に戻ったのかと思われる そうか 昼からなら あのポイント やれそうじゃんと 最後はポジティブな気持ちになり 帰路についた
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小ネタ続きVol 3 獲物の料... | トップ | コリンアスリート乗ってみたよ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。