「合気道 真風会のブログ」 苅田町、行橋、北九州、小倉南区、近郊の方”合気道苅田道場会員募集中”
   合 気 道  真 風 会



 6月30日(木)、いつものように少年部の稽古をしていたところ、突然、稲垣先生から「会長、一生のお願いです。稽古、中断させてください!」と言われました。

訳がわからないまま、全員整列をしてもらうと、稲垣先生が生徒さん達へ「実は明日7月1日で真風会は10周年を迎えます!」

そして、今度は私に「1日早いですが、道場生みんなから会長に、お祝いのプレゼントがあります!」

 

しかし突然の事で、私はまだ状況が飲み込めず、ただキョトンとしていました。

 

MEGUMIさんから、SYOUKOさんから次々に「道場生一同からです。」と贈り物を頂き、マリンとナオキから首にメダルを掛けられ、そして稲垣先生から「これは私からです。」と贈り物を手渡されました。

 

手渡されたのは、道場生全員の寄せ書きが書かれた「色紙」、そして、もう一つは「合気道真風会 実践合気道黒帯研究会」と書かれた「旗」、稲垣先生からは「真風会Tシャツ」でした。(驚)

 

驚いている私に、全員が一斉に「10周年おめでとうございます!」。

 

なんとなんと、「合気道 真風会 創立10周年」のお祝いのサプライズをしてくれたのでした!(涙)

 

10年前の2006年7月1日、「京築合気道研究会」としてスタートをし、その後、現在の「合気道 真風会」と改名し、今年2016年7月1日で「創立10周年」を迎えました。

多分、創立日などの話はしたことがありませんので、7月1日が記念日だと知っているのは、私と稲垣先生だけです。

 

聞けばこのサプライズ、稲垣先生と、TATUYAさんの何気ない会話からスタートしたとの事でした。

今年の2月頃、稲垣先生に、手先が器用なTATUYAさんが何気なく、「僕は「真風会の旗」を作りたいんですよね~。」と言ったそうです。

 

それを聞いた稲垣先生もその言葉に驚いたそうです。

なぜなら、私が常々「真風会の旗」を作りたがっていることを知っていたからです。

 

そこで稲垣先生はTATUYAさんに協力をお願いし、「真風会の旗」を「創立10周年記念」で贈ろうと言うことになり、私に極秘で‘旗作り‘が始まったそうです。

 

「旗」を製作するにあたり、生地選びから、はげない文字の処理方法、サイズやデザイン、どうやって道場に「旗」を掛けるかを、何度も何度も打ち合わせをしたそうです。

 

「旗」本体は稲垣先生が作り、文字をTATUYAさんが書くというチームプレーで作ってくれたそうです。

 

また、稲垣先生は平日昼間に道場に来てサイズなどを色々確認したり、最終仕上げの確認にTATUYAさんも昼休みに道場に出向いて打ち合わせをしたり、また、TATUYAさんの奥さんまでもが手伝ってくれて完成させたそうです。

 

また、MEGUMIさんは道場のみなさんに、この計画を私に気付かれないように話を回し、費用を徴収してくれたり、SYOUKOさんとKUNINAOさんも私に気付かれないように「色紙」の寄せ書きを集めるのを手伝ってくれたり、みなさんが一致協力して今回のサプライズをしてくれたそうです。

 

もう本当に、感謝、感動致しました。(涙)

 

みなさんのお心遣い、本当に、本当に嬉しかったです。

素晴らしいサプライズをして頂き、ありがとうございました。

長身のMASAKAZUさんの手で「旗」が掲げられました。

MASAKAZUさんも、ずっと前から「旗」を掲げる役を担っていたそうです。

少年部の稽古が終わり、「旗」をバックに10周年の記念撮影をしました。

本当にすばらしい「旗」が出来て嬉しいです。

 ありがとうございます。

「寄せ書き」ありがとうございました。

みなさんの一人一人の手書き、心がこもっていて嬉しいです。

お祝いのメダルもありがとうございました。

稲垣先生が、お祝いのお菓子も用意してくれていて、皆さんに配ってくれました。

稲垣先生、ありがとうございました。

お菓子と一緒に「真風会コースター」も作っていてくれたんですね!

稲垣先生からは「Tシャツ」を頂きました。

裏には、「旗」と同じく「合気道真風会 実践合気道黒帯研究会」と入っています。

とてもカッコイイTシャツをありがとうございました。

 

稲垣先生の手作りの「旗の収納袋」です。

とても綺麗な色の生地です。

記念撮影に間に合わなかったMASATAKAさん、そして、「旗」の製作者のTATUYAさんも加わり、”一般部”だけでもう一枚撮りました。

 

最後に10連写をノーカットで、

最後まで盛り上げてくれてありがとう、TATUYAさん!(笑)

 

最後に、

2016年7月1日「合気道 真風会」は創立10周年を迎えることが出来ました。

これも、副会長の稲垣先生、MEGUMIさんを筆頭に道場生の皆様、少年部の保護者の皆様たちと素晴らしい人たちに恵まれたからこそ10年間頑張れました。

皆様には、本当に感謝の気持ちで一杯です。

 

またこれからも、この素晴らしい仲間と共に、未来に向かって「合気道 真風会」は飛躍して行きます。

 

”継続は力なり”

”努力に勝る天才なし”

 

これからも「合気道 真風会」を応援宜しくお願い致します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「合気道 真風会」では不定期ですが、日曜日の午前中に月1回のペースで「特別稽古会」を行っています。

「特別稽古会」は、高校生以上の”一般部”の方のみが対象です。

場所は主に「行橋道場(行橋市武道館)」で行っていますが、今回は予約が取れなかったので、「苅田道場(苅田町総合体育館柔道場)」で行いました。

あいにく日曜日は仕事を休めない人もいる為、参加したくとも出来ない人もいます。

毎回参加出来ているメンバーは、ほぼ決まっています。

 

その中の一人、女性のSYOUKOさん。

受けのTATUYAさん。

KENJIさん。 受けは稲垣先生。

後姿ですが、KUNINAOさん。

今日は、”正面打ち一教(入身)”を中心に稽古しました。

「特別稽古会」は門下生の人の希望があれば行います。

しばらく希望者がいなかった為、行われていなかったのですが、今年に入ってから、MASAKAZUさんの希望で復活しました。

とても稽古熱心な人です。

”徒手”から”短刀取り”まで稽古しました。

抑えて、短刀を取り上げます。

MASAKAZUさんの希望で、”後の先”、”先先の先”についての説明とタイミング、それぞれの違いを二通りの”正面打ち一教”を例に使い、稽古をしました。

”視線”の大切さ、”姿勢”と”間合い”も意識しましょう。

後は、反復稽古あるのみです。

 

本日の参加者は私(上土井)と稲垣先生含めて7名でした。

朝からいい汗かけましたね!

みなさん今日も稽古お疲れ様でした。

次の稽古は木曜日、また道場で会いましょう!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




           5級(紺帯)合格

         マサヤ、キルア、セイア

(福岡県京都郡・苅田町総合体育館「合気道 真風会」)

 

6月9日(木)、昇級審査会を行いました。

 

今回の審査は、一般部5級(紺帯)、対象者は4名です。

中学2年生のセイア、中学1年生のキルアは2014年2月に兄弟揃って入門、その2ヵ月後の4月にマサヤが入門して来ました。

 

当時、小学5年生で入門して来たキルアとマサヤが、今年新中学生になっていた事を、私は気づかずに、うっかり少年部9級を受けさせるところでした。(すみません(冷汗))

 

 

真風会では、中学生は大人と子供の中間と言う位置づけにしていますが、”一般部”に所属します。

なので、”一般部”の稽古に参加しないと昇級できません。

セイア、キルア、マサヤ共、少年部10級まで取得していますが、今回の審査に向けて”一般部”の稽古に参加して、稽古を積んで来ました。

 

また、2015年11月入門、39歳のYUKIOさん。

社会人ですので、忙しい仕事の合間に時間を作って稽古に励んでいます。

 

今回4名とも、とても基本を押さえた丁寧な技を披露してくれました。

結果は全員合格、5級(紺帯)昇級と致しました。

 

”継続は力なり”

”努力に勝る天才なし”

 

これからも、初心を忘れずに一生懸命稽古に励んでください。

 

 

最後に、2016年度”夏の昇級審査会”合格者は以下の通りです。

 

 

(一般部)

5級(紺帯)

セイア、キルア、マサヤ、YUKIOさん

 

以上のみなさん、昇級おめでとうございます。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




                  10級(黄色帯)合格

                       ユウト

首から掛けているのは、稲垣先生からのプレゼント。

昇級祝いの”メダルチョコ”です。

ユウト、10級(黄色帯)昇級おめでとう!

(福岡県京都郡・苅田町総合体育館「合気道 真風会」)

 

 

 5月19日(木)、昇級審査会を行いました。

今回の対象者は少年部10級より、小学5年生のユウト1人です。

 

去年1月、小学3年生で入門のユウト。

その半年後に弟のトキも入門して来ました。

現在は、ユウトが小学5年生で、弟のトキは小学2年生になりました。

 

とても落ち着きがあり、物怖じしないユウトは、トキにとって、本当に頼もしいお兄ちゃんだと思います。

 

審査でも、とても落ち着いていて、良く出来ていました。

 

結果は合格、10級(黄色帯)へと昇級致しました。

 

"継続は力なり”

”努力に勝る天才なし”

 

これからも、より一層稽古に励み、上を目指して精進してください。

 

最後に、2016年度”春の昇級審査会”合格者は以下の通りです。

 

10級(黄色帯)

ユウト

 

以上のみなさん、昇級おめでとうございます。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




       3月24日(木)の稽古の様子

       (短刀取り)胸突き一教

   (福岡県京都郡苅田町「合気道 真風会」)

 

 

3月31日(木)、4月より中学へ進学、また中学3年生になり受験勉強に専念する為、しばらく休会となる3名に演武を披露してもらいました。

4月よりハルナは新中学生、シズクとレンヤは中学3年生となります。

レンヤとハルナ

片手交差取り呼吸投げ(仕手レンヤ、受けハルナ)

胸突き小手返し(仕手レンヤ、受けハルナ)

肩取り一教(仕手レンヤ、受けハルナ)

一教抑え(仕手レンヤ、受けハルナ)

 

受け仕手交代して、ハルナとレンヤ

片手交差取り呼吸投げ(仕手ハルナ、受けレンヤ)

胸突き小手返し(仕手ハルナ、受けレンヤ)

肩取り一教(仕手ハルナ、受けレンヤ)

一教抑え(仕手ハルナ、受けレンヤ)

横面打ち四方投げ(仕手シズク、受けは弟のダイキ)

一教抑え(仕手シズク、受けダイキ)

みなさんお疲れ様でした。

ハルナは4月より新中学生、入学おめでとう!

充実した中学校生活を送れるよう、勉強に部活に頑張ってください。

シズクとレンヤは中学3年生、希望の高校へ進学出来るよう受験勉強を頑張ってくだい。

 

みんな次ぎに会うときには、また一回り大きくたくましく成長している事でしょう。

また、時間が取れるときには、いつでも稽古に参加してください。

みなさんとまた一緒に稽古が出来る日を楽しみにしています。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ