キースオジンQ日記

色々な事に関心を持ち、実際、見て、聞いた事を毎日、書いてます。カテゴリー:音楽・美術・釣り・スポーツ・歴史(お城)・鉄道

岡崎市史「桶狭間の戦いとその後」

2016-10-19 18:35:38 | 城・歴史



今日は、岡崎市美術博物館にて開かれたやさしいミュージアム

講座(前期)の最終回を受講してきました。

今回のテーマは、「桶狭間の戦いとその後の織田・松平関係」と

題し、愛知教育大学の 松島周一教授が講師となり講演されました。

講座内容は、「新編岡崎市史 中世」をもとに、テーマ別に、5回に

わたり講演され、今回が最終回となりました。桶狭間の戦い前後の

三河と尾張の状況につき、信長公記等の資料をもとに説明されました。

従来、今川義元の上洛に伴い桶狭間で戦いが繰り広げられたと

いう事でしたが、上洛の目的という解釈は、マイナーであり、

尾張と三河の国境を巡る紛争に今川義元が乗り出し、桶狭間で

戦いがあったとの事。このほか教科書では、習わなかったことを

教えて頂き、歴史の面白さを感じました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貨幣資料館「広重 六十余州名... | トップ | 知多沖の五目釣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL