KEITH EMERSON BLOG - キース・エマーソン ブログ

公式ブログはここに移転しました!
http://keithemerson.blog134.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キース・エマーソン日本語公式ブログは移転しました!+グッズ・ショップのお知らせ

2010-06-26 03:09:03 | お知らせ

キース・エマーソン日本語公式ブログは移転しました!

引っ越し先はここ。過去の記事も全て移転しました。

このURLをブックマークして下さい。。

http://keithemerson.blog134.fc2.com/


新ブログサイトではこのようなセールを実施中です。

キース・エマーソン・グッズの期間限定セール実施中!

7月3日(アメリカ時間)まで!


キースも常時着用している希少な「タルカス」シルバーネックレスや、2008年の日本ツアーグッズの携帯ストラップなどを期間限定で発売中です。

Tarkus Medallion -Front


Emerson, Lake & Palmer "TARKUS" (1971)
Cover artwork by William Neal

「タルカス」シルバー・ネックレス
(直筆サイン入りの化粧箱入り)

特別価格 US$88 (約7900円)
国際配送

詳細はこちらで

売り切れました!在庫の確保ができ次第このブログ、Facebook、ニュースレターなどでお知らせいたします。

Tarkus Medallion_Keith
キースは革紐をシルバーチェーンに換えて常時愛用。


"Tarkus" artwork by William Neal

Silver work by Tara Izquierdo


 

「タルカス」キーホルダー拡大

特別価格  US$15.00    国際配

ご購入・詳細はこちらのサイトから



キース・エマーソン・バンド携帯ストラップ 2008年来日ツアー商品

拡大/詳細

特別価格  US$15.00     国際配送

ご購入・詳細はこちらのサイトから


 

Keith Emerson Band Featruing Marc Bonilla

CD 「キース・エマーソン・バンド・フューチャリング・マーク・ボニーヤ」
(キースの直筆サイン入り / ボーナストラックあり)

曲目とオーディオサンプル

特別価格  US$16.00     国際配送

ご購入・詳細はこちらのサイトから



Keith Emerson - Pictures of the Exhibitionist

「ピクチュアース・オヴ・エクソビショニスト」 − キース・エマーソン自伝
(2003年初版, 2004年ペーパーバック版  キースの直筆サイン入り)

抜粋 & リック・ウェイクマンによるレビュー

特別価格  US$25.00     国際配送

ご購入・詳細はこちらのサイトから

Keith Emerson Facebook Fan Page
Keith Emerson Facebook Page
"Like!"
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ELPのSHM-CD紙ジャケット40周年記念盤 + ELPowellの「ザ・スプロケット・セッション」

2010-06-14 21:04:51 | アルバム

Emerson, Lake & Palmer
EMERSON, LAKE & PALMER

EMERSON, LAKE & PALMER/エマーソン、レイク&パーマーのカタログ12タイトル - SHM-CD紙ジャケット40周年記念盤がビクターエンタテインメントより6月23日に発売されます。

また同日、アヴァロン・レーベル(マーキー・インコーポレイティド)から今年2月に日本盤オリジナル・アートワークを伴って発売された、EMERSON, LAKE & POWELL /エマーソン、レイク&パウエルの「LIVE IN CONCERT ライヴ・イン・コンサート」に続き、同レーベルより エマーソン、レイク&パウエル の1986年ワールド・ツアーに向けてのリハーサル・テイクを収めたレア・アイテム「ザ・スプロケット・セッション」 が発売されます。 今は亡きコージー・パウエルによるドラミングは必聴。 詳細はアヴァロンのサイトにて。

アマゾンより予約注文する


4350


Emerson & Lake ツアー商品販売中!日本からのオーダーも可。Manticore Hall Mug

Keith Emerson Facebook Fan Page
Official Keith Emerson Facebook Page
"Like!"


Bookmark and Share
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EL&P「タイム・アンド・プレイス」(A Time And A Place) CD セット 予約受付開始

2010-06-14 04:58:19 | アルバム

Emerson, Lake & Palmer
Memorial Auditorium, Buffalo, NY 1978 Photo by Alimar
EMERSON, LAKE & PALMER -
"A TIME AND A PLACE" BOX SET

A Time And A Place

7月20日に、アメリカ国内ではすでに発売され、大好評を受けているエマーソン・レイク&パーマーの4枚CDセットが日本を始め各国で発売されます。

「タイム・アンド・プレイス」(A Time And A Place)は決定的なELPのブート集で1970年から1998年までの未発表ライブ音源をリマスターしたコレクションです。ディスク1から3までは最良のサウンドボード録音を、ディスク4はオーディエンス録音を集めた今までには無いライブ集となっています。

「タイム・アンド・プレイス」(A Time And A Place)を予約注文する(送料無料)
A Time and A Place - Amazon.co.jp

 

DISC ONE: The Early '70s

1. The Barbarian - Recorded at the Isle of Wight Festival, Isle Of Wight, UK on August 29, 1970

2. Take A Pebble - Recorded at Beat Club, Bremen, Germany on November 26, 1970

3. Ballad Of Blue - Recorded at the Lyceum Ballroom, London, UK on December 9, 1970

4. High Level Fugue - Recorded at the Lyceum Ballroom, London, UK on December 9, 1970

5. Hoedown - Recorded at the Mar Y Sol Festival, Veja Baja, San Juan, Puerto Rico on April 2, 1972

6. Still… You Turn Me On - Recorded at the Civic Center, Tulsa, OK on March 7, 1974

7. Lucky Man - Recorded at the Civic Center, Tulsa, OK on March 7, 1974

8. Karn Evil 9 (1st, 2nd & 3rd Impressions) - Recorded at the Anaheim Convention Center, Anaheim, CA on February 2, 1974


DISC TWO: The Late '70s

1. Peter Gunn Theme - Recorded at the Coliseum, Wheeling, WV on November 18, 1977

2. Pictures At An Exhibition - Recorded at the Mid-South Coliseum, Memphis, TN on November 20, 1977, Late Show

3. Tiger In A Spotlight - Recorded at the Coliseum, Wheeling, WV on November 18, 1977

4. Maple Leaf Rag - Recorded at the Coliseum, Wheeling, WV on November 18, 1977

5. Tank - Recorded at the Nassau Coliseum, Uniondale, NY on February 9, 1978

6. Drum Solo - Recorded at the Nassau Coliseum, Uniondale, NY on February 9, 1978

7. The Enemy God Dances With The Black Spirits - Recorded at the Nassau Coliseum, Uniondale, NY on February 9, 1978

8. Watching Over You - Recorded at the Coliseum, Wheeling, WV on November 18, 1977

9. Pirates - Recorded at the Mid-South Coliseum, Memphis, TN on November 20, 1977, Late Show

10. Tarkus - Recorded at the Nassau Coliseum, Uniondale, NY on February 9, 1978

11. Show Me The Way To Go Home - Recorded at the Mid-South Coliseum, Memphis, TN on November 20, 1977, Late Show


DISC THREE: The '90s

1. Knife Edge - Recorded at the Wiltern Theater, Los Angeles, CA on March 17, 1993

2. Paper Blood - Recorded at the Obras Stadium, Buenos Aires, Argentina on April 5, 1993

3. Black Moon - Recorded at the Waterloo Village Concert Field, Stanhope, NJ on July 31, 1992

4. Creole Dance - Recorded at the Estadio, Santiago, Chile on April 1, 1993

5. From The Beginning - Recorded at the Spodek, Katowice, Poland on June 22, 1997

6. Honky Tonk Train Blues - Recorded at the Universal Amphitheater, Los Angeles, CA on September 25, 1997

7. Affairs Of The Heart - Recorded at the Waterloo Village Concert Field, Stanhope, NJ on July 31, 1992

8. Touch And Go - Recorded at the Wiltern Theater, Los Angeles, CA on March 17, 1993

9. A Time And A Place - Recorded at the Casino Ballroom, Hampton Beach, VA on August 1, 1998

10. Bitches Crystal - Recorded at the Universal Amphitheater, Los Angeles, CA on September 25, 1997

11. Instrumental Jam - Recorded at the Obras Stadium, Buenos Aires, Argentina on April 5, 1993

12. Fanfare For The Common Man – America - Rondo - Recorded at the Obras Stadium, Buenos Aires, Argentina on April 5, 1993


DISC FOUR: This Boot's For You – A Fan's View

1. Introduction - Recorded at the Hollywood Bowl, Los Angeles, CA on July 19, 1971

2. The Endless Enigma - Recorded at the Long Beach Arena, Long Beach, CA on July 28, 1972

3. Abaddon's Bolero - Recorded at the Town Hall, Louisville, KY on April 21, 1972

4. Jeremy Bender – The Sheriff - Recorded at the Olympiahalle, Munich, Germany on April 24, 1973

5. Toccata (includes Drum Solo) - Recorded at Friedrich-Ebert-Halle, Ludwingshaven, Germany on April 10, 1973

6. Jerusalem - Recorded at the Henry Lewit Arena, Wichita, KS on March 26, 1974

7. Nutrocker - Recorded at the Boston Gardens, Boston, MA on July 12, 1977

8. C'est La Vie - Recorded at the Boston Gardens, Boston, MA on July 12, 1977

9. Piano Concerto #1 3rd Movement - Recorded at the Veteran's Memorial Auditorium, Des Moines, IA on June 12, 1977

10. Closer To Believing - Recorded at the Veteran's Memorial Auditorium, Des Moines, IA on June 12, 1977

11. Close To Home - Recorded at the Warfield Theater, San Francisco, CA on March 14, 1993

12. I Believe In Father Christmas - Recorded at the Beacon Theater, New York, NY on November 17, 1993


Emreson, Lake & Palmer

EL&Pは2010年7月25日に「ハイヴォルテージフェスティヴァル」に大トリとして出演。一夜限りの再結成です。
High Voltage Festival

Keith Emerson

Emerson & Lake ツアー商品販売中!日本からのオーダーも可。Manticore Hall Mug



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELPの特集が組まれた雑誌が日本とイギリスで発売

2010-06-08 17:29:12 | お知らせ
THE DIG

THE DIG PRESENTS PROGRESSIVE ROCK (シンコー・ミュージック MOOK)6月16日発売予定

内容紹介 (Amazon Japan より)
バンド結成40周年を記念して今年7月25日に一日だけ再結成されるエマーソン・レイク&パーマーを筆頭に、キング・クリムゾン、ジェネシス、ピーター・ガブリエル、マイク・オールドフィールドなどを大特集。特別企画として「5.1chサラウンド・サウンドCD試聴大会」も予定。難波弘之(キーボーディスト)×吉松隆(作曲家)、三柴理(ピアニスト)×荒井英治(ヴァイオリニスト)による特別対談や、スティーヴ・ハケット、鈴木さえ子、他の取り下ろしインタヴューに加え、ケイト・ブッシュ、U.K.、バグルズなどの貴重な再録記事も多数掲載予定 

予約注文:THE DIG presents プログレッシヴ・ロック (シンコー・ミュージックMOOK) - AMAZON JAPAN


 


THE DIGLarger Image

Classic Rock presents PROG, Issue 8 (Future Publishing Limited - England) 発売中

今夏(2010年)7月24・25日にロンドンで開催されるハイヴォルテージフェスティヴァル(High Voltage Festival)の「大トリ」バンドとして、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)が一夜限りで再結成されます。それに因んで、主催者であるイギリスの雑誌、「クラシック・ロック」(Classic Rock)がEL&P特集を組みました。

「クラシック・ロック」による内容紹介

日本ではタワーレコードなどでも購入可能のようですが、イギリスからも直接電話注文できるそうです。(送料込みで約1458円)

Future Publishing直営の雑誌購読オンライン店日本からの単品注文は電話注文のみ対応 TEL. +44 1604 251 045

 

 


High Voltage Festival
High Voltage のサイト

SATURDAY, 24 July:

CLASSIC ROCK STAGE:ZZ TopForeignerGary MooreThe AnswerThe Union

Classic Rock presents PROG STAGE:
TransatlanticOpethAsiaDweezil Zappa plays Frank ZappaFocusPendragonTouchstone

METAL HAMMER STAGE: Black Label SocietySaxonCathedralHammerfallOrange GoblinBlack SpidersNew Device

 

SUNDAY, 25 July:

CLASSIC ROCK STAGE:Emerson, Lake and PalmerJoe BonamassaBachman & TurnerDown 'N OutzUFOQuireboys

Classic Rock presents PROG STAGE:MarillionArgentUriah HeepMagnumSteve HackettMartin Turner's Wishbone AshThe Reasoning

METAL HAMMER STAGE:DownClutchHigh On FireAudrey HorneLethargy




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK FMが東京フィルによるキース・エマーソンの『タルカス』を放送(6月6日)

2010-06-01 17:47:36 | ツアー コンサート
東京フィルコンサート後のリセプションにて
左から:藤岡幸夫氏(指揮)・荒井英治氏(コンマス)・吉松隆氏(作曲・編曲・監修)・中野翔太(ピアノ)

3月14日に、クラシック作曲/編曲者の吉松隆氏の編曲による「タルカス」("TARKUS")が東京フィルハーモニー交響楽団・藤岡幸夫氏指揮によって東京オペラシティ・コンサートホールにて初公演されました。

そのコンサートがNHK FMの番組、「FMシンフォニーコンサート」で2010年 6月 6日(日)午後7:20~午後9:00に放送されます。

また、CDも7月に発売予定とのことです。

音源を聴いたキース・エマーソン自身も絶賛したコンサートです。お見逃しなく。

番組内容の詳細:http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2010-06-06&ch=07&eid=70365

 



Tokyo Philharmony

ここをClickして拡大

番組内容- 

東京フィル・“新・音楽の未来遺産” -

アトム・ハーツ・クラブ組曲 第1番 作品70b
(弦楽オーケストラ版)」吉松隆・作曲(10分17秒)

「アメリカ・リミックス~弦楽四重奏曲“アメリカ”によるピアノとオーケストラのための~」
ドボルザーク作曲、吉松隆・編曲(23分50秒)ピアノ:中野翔太

「BUGAKU」黛敏郎・作曲(23分52秒)

「タルカス(オーケストラ版)」
キース・エマーソン作曲、吉松隆・編曲(17分35秒)

東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:藤岡幸夫

~東京オペラシティ・コンサートホールで収録~
<2010/3/14>

吉松氏による曲目解説


この公演に関するリンク集

BARKS ニュース:「これは邪道か本来の姿か?東京フィルハーモニー交響楽団で『タルカス』」

CDジャーナルのニュース:「吉松隆監修によるクラシック・リミックス・コンサート。「タルカス」のオーケストラ版も!

吉松隆さんのホームページ

吉松さんのブログ

吉松さんのプロフィール

藤岡 幸夫さん(指揮)のプロフィール

中野 翔太さん(ピアノ)のプロフィール

Concert Info in English

Profile of Mr. Yoshimatsu (arranger/composer) in English (on his own site)

Profile of Mr. Yoshimatsu (arranger/composer) in English (Japan Arts website)

Profile of Mr. Fujioka (Conductor) in English



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京フィルハーモニー交響楽団で『タルカス』3月14日公演

2010-03-11 01:47:23 | ツアー コンサート
TARKUSタルカス

来る3月14日に、クラシック作曲/編曲者の吉松隆氏の編曲による「タルカス」("TARKUS")が東京フィルハーモニー交響楽団によって初演奏されます。

「タルカス」("TARKUS")はキース・エマーソンが1971年に作曲し、アルバムのタイトルともなったロック組曲。2008年の来日公演でも演奏しました。

吉松氏のアレンジを見たキースは当初この公演を聴く為だけに来日したがっていたのですが、4月からのグレッグ・レイクとのツアーに向けての準備の為、残念ながら実現しませんでした。これはキースのコメントです。

僕の作曲した曲が、世界でも名高く尊敬されている素晴らしいクラシック音楽家達によって演奏されるということは非常に光栄なこと。素晴らしいオーケストラ編曲をしてくださった吉松 隆氏や東京フィルが、僕が初めて訪れた1972年から愛し続けてきた日本でこれを演奏してくれるというのはとても嬉しい事だ。才能ある彼らの手によって、プログレッシブ・ロックはもは現代のクラシックになるだろう。」 --  キース・エマーソン


Tokyo Philharmony
ここをClickして拡大

Takashi Yoshimatsu Takashi Yoshimatsu

新・音楽の未来遺産

~New Classic Remix~ Vol.1 Rock & Bugaku

監修:吉松 隆指揮:藤岡 幸夫ピアノ:中野 翔太

2010年3月14日 (日)
15:00東京オペラシティコンサートホール(新宿)

■ 吉松 隆/アトム・ハーツ・クラブ組曲第1番……弦楽オーケストラによるROCK組曲

■ ドヴォルザーク(吉松 隆:編)/アメリカ Remix<初演> ……弦楽四重奏曲「アメリカ」によるピアノとオーケストラのための

■ 黛 敏郎/BUGAKU(1962)
……舞楽をテーマにした現代日本音楽の名曲がよみがえる

■ キース・エマーソン(吉松 隆:編)/タルカス<初演>……プログレッシヴ・ロックの名作、オーケストラ版で登場

主催 : 東京フィルハーモニー交響楽団
共催 : (財)東京オペラシティ文化財団

平成21年度 文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

東京フィルハーモニー交響楽団のページ(チケット購入はこちらで)

吉松氏による曲目解説


この公演に関するリンク集

BARKS ニュース:「これは邪道か本来の姿か?東京フィルハーモニー交響楽団で『タルカス』」

CDジャーナルのニュース:「吉松隆監修によるクラシック・リミックス・コンサート。「タルカス」のオーケストラ版も!

吉松隆さんのホームページ

吉松さんのブログ

吉松さんのプロフィール

藤岡 幸夫さん(指揮)のプロフィール

中野 翔太さん(ピアノ)のプロフィール

東京オペラシティ

Concert Info in English

Profile of Mr. Yoshimatsu (arranger/composer) in English (on his own site)

Profile of Mr. Yoshimatsu (arranger/composer) in English (Japan Arts website)

Profile of Mr. Fujioka (Conductor) in English



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キース・エマーソンとグレッグ・レイク 全米ツアー

2010-02-13 20:24:34 | ツアー コンサート



「キース・エマーソンとグレッグ・レイクとの親密な宵 」と称した二人だけによるデュオ・ツアーがいよいよ4月1日のオハイオ州レイクウッドを皮切りに約一ヶ月にかけてアメリカで行われます。ELP、ナイス、そしてキング・クリムゾンの曲の新アレンジを披露する予定です。

日程・チケット購入情報などはこちらをご覧下さい。



CDジャーナルの記事(日本語)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

追悼 サー・ジョン・ダンクワース

2010-02-13 19:17:49 | ツアー コンサート






故サー・ジョン・ダンクワースと
デイム・クレオ・レイン
キース・エマーソンが多大な影響を受け深く敬愛していたイギリスの著名なジャズ・ミュージシャン/サックス奏者、サー・ジョン・ダンクワース(Sir John Dankworth)が2月6日にお亡くなりになりました。享年82歳でした。キースは、サー・ジョンと婦人のジャズシンガー、デイム・クレオ・レイン(Dame Cleo Laine)のBBCラジオ番組に数回出演したこともあり、2002年にはジャズ風にアレンジされたタルカス(Tarkus)などを共演しました。

その演奏の一部をお聴きください。
タルカス 作曲キース・エマーソン  編曲ジェームス・ピアソン
サー・ジョン・ダンクワース:ソプラノサックス  キース・エマーソン:ピアノ
"Live From The Stables" 2002 withジョン・ダンクワース・オーケストラ

キースの「サー・ジョン・ダンクワースの想い出」(英語)

ロッキング・オン(NME)のニュース(日本語)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーロン・エマーソンの新曲iTuneダウンロード

2010-02-13 18:38:33 | アルバム

Aaron Emerson

キース・エマーソンの長男、アーロン・エマーソンの初ソロ・シングル、"Ride" (ライド)がiTuneから発売されました。
これは、キースのコメントです。This is Aaron’s first composition.I don’t think it will be his last. He shows all the emotion in this piece that encompassesall of his wonderful life.- Keith Emerson

これはアーロンの作曲家としてのデビュー曲だ。これが最後の作品になるとは思わない。彼はこの曲で彼の素晴らしい人生すべてを取囲む感情を表現している。- キース・エマーソン

"Ride"はiTune/Amazonからダウンロードできます。

Aaron Emerson - Ride - RideUSA
Aaron Emerson - Ride - RideUK
Aaron Emerson - Ride - Ride日本
Aaron Emerson - Ride - RideItaly
Aaron Emerson - Ride - RideGermany
Aaron Emerson - Ride - RideCanada

Also available in many other countires.

Aaron Emerson & Keith Emerson

Aaron Emerson
Become a "Fan" of Aaron Emerson @ Facebook



KEITH EMERSON's Facebook Page

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キース・エマーソンに直接質問を!

2009-12-22 22:02:46 | お知らせ
ロスアンジェルスの新しいインターネットラジオ番組のリール・パイレート・ラジオ (The Real Pirate Radio)の初放送にキース・エマーソンがゲスト出演します。それにあたって、番組はファンからのキースへの質問を募集しています。質問者の中から選ばれた数名の方々には番組収録中、直接電話でキースに質問する機会があたえられます。(生中継ではなく、後日収録番組が放送されます。)

質問は下記のメールアドレスに日本時間12月23日(水)午後5時までにお送りください。(アメリカ時間では23日の零時) 選ばれた質問者にはメールで番組への電話の仕方をお知らせします。(電話での質問は日本語でもOKです。)

realpirateradio@gmail.com又はemerson.pirateradio@gmail.com

日本語での質問はこちらまでプレーンテキストでお送りください。business@keith-emerson.com

英語での詳細はこちらのフェイスブックサイトまで。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加