響灘敬太郎の日曜散歩

わが街の豊浦町と周辺の歴史・文化・観光などご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-12-31 13:38:33 | 日記
 (116)手嶋ガーデン「手嶋さんのコツコツ人生」写真集

 12/15発行、庭づくり名人手嶋さんの写真集を刊行

 下関市菊川町にある手嶋ガーデン」は手嶋眞二さんお一人で山を切り
拓き造られた2,000坪の広大な施設庭園です。四季を通じ遠方の山々の景色
をバックにし庭園の美しさがマッチし感動します。手嶋さんの人柄を様々な
角度から紹介した自伝もあり、手嶋さんが愛してやまない故郷下関市を綴っ
た写真など豊富で見事な一冊の本です。

 手嶋さんは全国から大反響があり驚いておられます。昨年テレビ朝日で
全国放送の「人生の楽園」手嶋さんの庭に感銘し、また後日、山口・九州で
再放送されています。

 2017年には、月刊タウン情報誌のトライアングル社より販売の計画が
されています。また、手嶋さん出身校の下商の図書館に、この度刊行の
「手嶋さんのコツコツ人生」の本が飾ってあるそうです。

 手嶋さんのガーデンは、2013のオープンから下記の「一口メモ」で紹
介していますので「響灘敬太郎の日曜散歩」で検索してご覧下さい。
以上の記述は、手嶋さんの言葉と写真集中に執筆された田村桜子氏の文を
抜粋しております。

 写真集お求めになりたい方一冊定価1,500円です。
 問い合わせ:手嶋眞二(電話)083-287-3758

「一口メモ」
 ☆ 2013/5/15(NO51)手嶋オープンガーデン
 ☆ 2015/5/16(NO99)テレビ朝日「人生の楽園」放送紹介
 ☆ 写真集の文:田村桜子→月刊情報トライアングル編集長
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-12-29 15:21:44 | 日記
(115)アサギマダラ今年も飛来

 「旅する蝶」アサギマダラがリフレッシュパーク豊浦ほか今年も
飛来してきました

リフレッシュパーク豊浦での飛来数は調査10/1〜31迄の間に1,456頭
確認出来ています。同園では研究調査のため一昨年マーキングした蝶は
残念ですが飛来してません。豊浦町観光協会の入り口にプランターで
フジバカマを植え込みましたところ、花の咲く頃の10月の3週間にほぼ
毎日2〜3頭いて飛び回っています。また、川棚クスの森にもフジバカマ
が植えてありますが、開花中毎日10頭位は飛び回っている姿が発見され
ています。
 
 リフレッシュパーク豊浦では、5/13に5頭のアサギマダラが園内の
スナビキソウ(食草の一つ)に吸蜜している姿が発見されており、
6/12はアサギマダラほかジャコウアゲハも来てアベリアで吸蜜して
おり元気に飛び回っています。その他の日も元気に飛び回っているよう
ですが省略します。

また、同園では蝶小屋があり旅しない蝶飛来するものを含めた14種類
四季を通じて棲んで(卵・幼虫・サナギ・成虫)賑やかな小屋になって
おり花の咲く頃蝶小屋から出て飛び回っています。

(一口メモ)アサギマダラに関する投稿記事の紹介
 2014/3/16(75)1,000㌔以上旅する「アサギマダラ」
 2014/10/14(78投稿はNO無し)アサギマダラの飛来
 2015/10/5(107)今年もアサギマダラ飛来



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-11-10 11:28:02 | 日記
(114)過去の山陰本線観光列車

      現在、観光列車「みすゞ潮彩」が、期間限定10/1〜11/30土曜・
     休日で走ってますが、運行は11/30で終了します。

   過去の観光列車は、以下1〜4です。項目に沿って紹介します。

    1、快速「コバルトブルー」
       2002/4/1から行われた「関門海峡物語」の観光キャンペーンに
       合わせ土曜・休日ダイヤに「東萩駅・下関駅」快速「コバルト
       ブルー」が運転された。
    2、快速「萩・津和野号」
       2004/3〜6月迄の間、春休みやゴールデンウイークと土曜・休日
       ダイヤに下関市・萩市及び津和野町など山口県内の観光地を結ぶ
       列車として快速「萩・津和野号」が下関駅・津和野駅間(美祢線
       経由)として運転された。
    3、「萩・長門ブルーライナー」
       JR西日本の「DISCOVER WEST」キャンペーンに合わせ2005/3
       /19〜6/26迄の春休みやゴールデンウイークと土曜・休日に「
       萩・長門ブルーライナー」が運転された。
    4、「TRAIN+長門号」
       JR西日本の特徴ある列車や鉄道施設など魅力ある線区を取り上げ
       て紹介する「TRAIN+」のキャンペーンに合わせて2008/5/10・
       11に「TRAIN+長門号」が厚狭線・仙崎間で運転された。

    以上過去の観光列車を紹介しましたが、冒頭記載しました「みすゞ潮彩」
   観光列車について触れてみたいと思います。
   2017年の「やまぐちデスティネーションキャンペー」に合わせて山陰線
   (山口線)に新たな観光列車を導入するとのこと、「みすゞ潮彩」専用
   車両を転用するため運行を近日中に終了することが決定しています。
   (プレスリリース西日本旅客鉄道2016/5/8記)
                                以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-11-08 11:24:38 | 日記
(113)第7回下関市景観賞

11/1 第7回今年度の景観賞表彰がありましたので記述します。
表彰の第1回〜第5回(昨年2月項目93〜97)、第6回(昨年10月項目108)
は既に投稿してます。

『風景・まちなみ部門』(美しい海岸の風景)
  室津の海岸 ----(下関市豊浦町室津下)
      日本海に面した全長約2kmの湾と、漁業集落が横長に連なり、
     前面にある砂浜等の海辺と背後地の小高い山々等一体にとらえた
     景観が美しい点が評価された。
               (受賞者:室津自治会連合会)

『風景・まちなみ部門』(街道のまちなみ)
  赤岸道リ  ----(下関市貴船町)   
      貴船町の旧街道(北浦街道)沿いで往時の「まちなみ」の名残
     として店舗が今でも営業されており地元の方が代々大切に守って
     おられる事が窺え、現代に残されているところが評価された。
               (受賞者:貴船町自治連合会)

建築部門(新築)』
 (特別賞)
  海の家(O邸)--- (下関市富任町)
      富任町の海岸に建築の個人住宅、砂浜に近接の地に所有者自身
     が設計し建てられたそうです。「海を見近に感じ生活をしたい」
     というコンセプトが存分に伝わる、そのユニークさが評価され
     「特別賞」が受賞された。
               (受賞者:大久保 誠)

( 一口メモ)「下関市景観条例」に基づいて毎年実施。
        市のホームページ、市報6月号に掲載されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-03-10 15:25:01 | 日記
(112)NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で語られない秘史---その3(最終回)
   「中山忠光卿」暗殺事件、忠光卿のひ孫にあたる嵯峨浩(愛新覚羅浩)
   と下関の関係について紐解いてみたく投稿します。


 慶応元年(1865年)忠光卿の忘れ形見である仲子は毛利家の養女となり、
のちに中山家に入ります。
 明治16年、仲子は公家の嵯峨家に嫁ぎます。そして仲子の孫として大正3年
(1914年)に生まれたのが、嵯峨浩です。
 時は流れ昭和12年(1937年)嵯峨浩は満州国皇弟の妃となる。しかし
敗戦で2人は日本と中国で離ればなれの生活をする事となります。その間、
娘の慧生さんの事故死にあう、またさんの自伝「流転の王妃」出版があり、
映画化などされている。家族の間には、多くの書簡が残されています。
やがて、再会した2人は、さんの亡くなる昭和62年(1987年)まで北京で
仲睦まじく暮らしていましたが、薄傑さんも平成6年(1994年)に亡くなる。
 現在、薄傑・浩・慧生さんの遺骨は分散され「中山神社」の境内にある
摂社「愛新覚羅社」に祀られています。
 境内には、「中山忠光朝臣遭難之處」と記された高さ2メートルほどの石碑
とその前に「血染の岩」が安置されている。また、昭和50年(1975年)に
愛新覚羅薄傑・浩の参拝した記念樹は大きく育ち時の流れを感じさせている。

記述 その1:2015/10/31(109)、その2:2015/12/15(110)併せて
再読下されば幸甚です。
 
(一口メモ)
 嵯峨家:公家の名門の正親町三條(おおぎまちさんじょう)嵯峨家。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加