心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

浦島太郎気分

2016年10月25日 | ほんのすこし
日曜日、時間に余裕を持って娘宅から出発。バス停まで見送るというので、娘は子供ふたりを連れてくる。バス停までは孫と手をとり歩いて行ったが、孫の足取りが・・・・・・。その姿はわたしが孫を引っ張って歩いているといった感じ。
「ここまででいいよ。バス停まで行かなくても。もうここで戻ったら?」と娘に言っても、ちゃんとバス停まで行かなくてはだめだと言うので、また引っ張っていく。
でも別にわたしとの別れがいやだという訳でもないみたいな孫(笑)。

バス停で少しおしゃべりしているとバスがやってきた。混んでるが乗り込んだ。さよならの手を振るとちょっと下を向いていた孫の顔が上向きになり不機嫌そうな顔に見えた。わたしが帰るという意味を前日から話して聞かせているのでしっかりわかっているのだろう。娘はふたりをひとりで見なくてはならない。これからが大変だと思うが、そこは若さで乗り越えられるだろう。わたしも通った道だ。世の中のたくさんの母親が通っている道でもある。子育てという道のりはひとりひとり違ってはいるが、対象は子供であることに変わりはない。その先にある喜びという大きな宝をゲットするよう出来ているのだと思いたい。

そんな感じで渋谷まで出て、そこから場所を変え、リムジンバスに乗り換え。今度も一番先に到着。バス停でしばらく本を開いて待つ。
空港にも心配することもなく、順調に着く。違っていたのは搭乗口の変更。まだまだ時間があるが、ちょっとだけ甘納豆のお土産を物色し数個買い保安ゲートを抜ける。待合場所はまだわたしの乗るバスの時間ではなく、その前のバスが待機。周辺の人は南の萩・岩見方面の方ばかりだった。隅の方で文庫本を開く。時間はまだたっぷりあるのでゆっくり読書を味わう。

日曜日の夕方の便がこんなに混んでいるとは知らなかった。満席状態のままで出発。通路側だったので、景色を写すのは無理だろうなと思ったが、遠目でもいいからとパシャっと写してみた。隣の若い女性に迷惑かな? と一瞬思ったけど。すると、目を閉じていた彼女が写しましょうか? と言ってくれた。ありがたい。



ちょうど中間地点辺りを通った頃だろうか。窓に赤みが差してきた。なんだろう・・・・・・
日が落ちていくところだった。
雲海の上を今まさしく日が落ちていく。
これは撮らなくては。
そう思って今度はずうずうしく頼んでみた。今回も快く写してくれた。



こんな機会は滅多にない。今までは午前の便だけだったので、夕方の便で天気も良くてという機会に遭遇できた。これはわたしへのご褒美だね、って思った。空の中から見る夕日。雲海はずっと続いていた。

そんな快適な空の時間を過ごし、到着した空港の駐車場では愛車がちゃんと待っていてくれた。この空港の良さは無料で駐車できるということだ。10日間ほど置きっ放しというのも不安があったが、全然何もなく帰りの運転を。
空港から出てバイパスに乗る。すぐに最寄りの町へと降りた。辺りは暗くとっぷり夜の世界だ。前を行く車の列が途中で全て右車線に入っていく。
ん? なんで?
結局、わたしの車だけ一台が取り残され見慣れた道路を走る。その「?」が解消されたのが、昨日予約を入れた美容院。
美容院であれこれ話していたときに、帰りにバイパス通りましたか? と言われ、なんのことかと思ったら、土曜日に開通したバイパスがあるとのこと。しかも我が町まで15分も時間短縮できるのだとか。
わたしが東京に行く日にはまだ工事中だったので、開通したなんて全然知らなかった。
どうりで前の車が全部右車線に入っていったわけだ。

まるで浦島太郎になった気分。
たった10日間で戻ってきたら違う道が開通。しかも時間が短縮って・・・・・・。でもまあ、いつもの道で行って晩ご飯の買い物したから良しとしようっと。
今度は開通した道を通ってみよう。3.3キロのトンネルがあるとか。う~ん、わたしトンネル内の運転苦手なんだよね~。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はあ? | トップ | 朝に思う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
けいさんへ (りこ)
2016-10-27 10:55:36
朝から素晴らしい景色を見せて頂きました。
雲海…。私も飛行機に乗ると、あ〜この下に人が住み車が走り日常があって…。
何とも不思議な気持ちで、大らかに物事が捉える事ができるのと同時に何故かとても愛おしく思えて♡
たまたま本屋さんで手にした「般若心経」の絵本(小学館)
人の一生は大きな海の表に起こっては消える波のようなものとあり。

んーー支離滅裂なコメントになってしまいました(汗)
素敵な景色を有難うございました♪
りこさんへ (けい)
2016-10-28 06:38:46
「般若心経」の絵本があるのですね?
開いてみたいなと思います。昨日本屋さんに行ったばかり。今度探してみますね。
自分にとっては大きな人生というものですが、振りかえってみればあっという間に過ぎていくほんとにたわいない存在が自分なのかもしれませんね。それでも何かしら意味をもたせたくなる、あがきたくなる、自分の小ささがそうさせるのかなあ。
泡のような波、一抹の消え行くもの、そう考えるとあくせくするのもいらぬことなのかなとも思いますが。

雲海、ずっと続いていました。雲の上を通り過ぎる機会は滅多にありませんから、すごく得した気分になりましたよ♪

コメントを投稿

ほんのすこし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。