心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

トイレでこんにちは

2016年10月31日 | ほんのすこし
トイレにこんな小人さんが。
わたしのトイレには小人さんが三人います。
そして後ろには毛糸で作った小さな天使がふたりと少し大きな天使がひとり。
どれも何年も前に作ったもの。

最初は部屋の棚の上に飾っていました。いつのまにかトイレに居場所を移したのは、知り合いの旦那様が家具職人でその方にトイレに置く三角コーナーをつくっていただいたときからです。なんとなく少し大きな天使はわたしで、ふたりの天使は子供たち、そんな気分だったことを見る度に思い出します。
そしてその前に置かれたカラー粘土で作った小人さんたちも同じようにわたしと子供たち、といった気持ちでした。

その子供たちも12年の間に大学を卒業し就職し、今では結婚し家庭を持っています。
今はトイレに入るたびに過ぎていった年月の早さとくたびれた天使さんたちの老朽化を感じてそろそろ片付けないといけないかなあ、なんて思ったり。小人さんたちはカラー粘土なので老朽化は見られませんが。
そんな小人さんたちが、孫がいた三ヶ月の間に、ときどきその位置を変えていました。
いつも「あれ?」と思いながら前の位置に戻していたのですが、ふと、犯人は孫? と。
ただいまトイレトレーニング中だった孫。なかなか教えてくれませんが、孫が立つ高さにその小人さんたちが置いてありました。きっとトイレに行くたびに置きかえていたのでしょう。そして毎日のことばを書いているカレンダーのようなものもときどき変わっていました。一体、何が書かれているのか孫にはわかりもしなかったでしょうけど、めくるのも楽しかったのでしょうね。
そんな孫の試練?にあっても変わらず、カラー粘土は作った当時のままの色合いです。良い素材で作ったものは長持ちしますね。
孫が楽しんでくれたのなら、また何かつくってみようかなあ、なんてことも思ったり。

トイレってシンプルなものがいいのかな。
でも和むものがあれば、気分もリフレッシュできる気がします。
天使さんたちは色あせてしまいましたので、新しいものを作ってもいいかもしれません。また作ったら紹介しますね(いつのことやら)。

でもトイレで可愛いものが「こんにちは」って待っていてくれたら、なんだかホッとしませんか?
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今行きたい場所 | トップ | 人間じゃないから »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
けいさんへ (りこ)
2016-10-31 10:24:29
おはようございます、お孫ちゃんの置き土産?とは、違いますか、色々動かした様子が残っているって可愛くて嬉しいですね。
きっと、小人さんが、同じ場所だと飽きちゃうかな?なんて、お孫ちゃん考えて、お散歩させてくれていたのかもしれないですよ。
お散歩! (けい)
2016-10-31 10:38:14
おぉ! なんと。
そういう考えもありましたか。
きっとそうですね。お散歩させたかったのでしょうね。いつも同じ場所にいないとだめだなんて自分に何か足かせをかけていた気がします。
もっと柔軟にならなければ♪ ね。
目からうろこです。

コメントを投稿

ほんのすこし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。