心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

ものが美味しいということ

2017年06月14日 | 母のこと
長年母がお世話になっている薬局があります。今は二箇所の病院で三つの科に通っている母ですが、薬の量は多いです。
何度か行くので、すっかり顔なじみになっている感じがします。薬剤師の方は数名いますが、その中のご高齢だなと思う方(失礼)が担当してくださると、いつも開口一番に「お母さん、ご飯食べれていますか」と聞かれるのが習慣になりました。他の方が担当するときには聞かれないのですが、その方が薬の受け渡しをするときには必ず聞くのです。
ご飯を食べれなくなる、というのは一番きついのかなと言われるたびに思います。

なんか調子が悪かったりするとご飯を食べずに過ごすときもありますが、母のように高齢になるとそれが何かの兆しだと思えるのかなと不安になったりします。今のところ食べたくないなと思っても食べ物が目の前にあると案外ぺろっと食べてしまうので、そんなに心配するほどではないかなと思っています。
母の場合は支度をする、準備をする、持ってくるのが億劫になるということがあるかもしれません。リハビリのつもりで台所まで歩いたりしますが、それでも歩くことは母にとって苦痛につながることでもあるからです。ソロソロと家の中を歩いている母を見ていると、その苦痛をいくらかでも和らげてあげたくなります。
でも歩かないでいるとますます駄目になるので、痛みをこらえて動いているとだんだん動けるようになると言います。

なんでも最初の一歩が大事だよ、と。痛いだろうからと尻込みしているとそのまま退化してしまう・・・、だから自分なりに考えて少しずつ体を動かすことをしているようです。
美味しいと思えることは生きてるという気持ちを味わうためにも必要なことなのかもしれません。そんな高価なものを食べたりするわけではありませんが、季節それぞれのものや好物があると目が輝くので、人間って食べる行為はすごい大事なんだなと母を見ていると思います。というわたしもそうですけどね。そんなに食べ物に固執していないよ、と子供たちには話しますが、食べたくないものが増えたら困るなあと思っているわたしです。

食べ物が美味しいと感じること。
これって大事ですね。
いつもの薬局の方が気にしてくださるように、年を取るごとに食べることに興味を持っていかなくては・・・と思うのでした。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちぐはぐ | トップ | 無造作に »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆ (kiki)
2017-06-17 19:47:34
お母様 食事が進んでいるご様子でいいですね!

家の父も口から物が食べられなくなったら…と言います。今のところは出されたものは残さず食べているようです。
ものが美味しく食べられるって健康の証だし 幸せなことだと思いました(^-^)
kikiさんへ (けい)
2017-06-18 03:56:41
年老いてくると一番に心配なのは食事かなって思います。食事を自分で食べる、それが大事なことだということに今更ながら気づきました。
しあわせ感って、長い期間にすごく変わっていくのが人間なんだなとも最近感じているところです♪

コメントを投稿

母のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。