明るく苦しい発達障害児育児

重度自閉症児のドタバタ育児と、私の苦労や気持ちをなかなか理解しない夫と夫家族への愚痴など、楽しいが苦労だらけの奮闘記。

日記

2016-10-13 15:38:20 | 日記
こんにちは。



みーくんの具合が悪く、
引き続きおやすみしています。



今日の予定も台無し。💦



家で様子見ようと
昨日は病院へ連れていかなかったら、



昼寝は咳で15分で終了してしまい、


昨夜からは、さらに悪化してしまい、
咳はさらにものすごくひどくなるわ、



夜中は、
咳こみ嘔吐ではない
謎の吐き気に夜通し苦しめられ、
ほぼ一睡もできず💧


救いは、
夫が早く帰ってきてくれたこと。



先週から、
すごく早く帰ってきてくれて、



昨日も出張から直帰で、
9時には帰ってきてくれた。



今日も
朝、
出かけるときに、



「今日は早く帰ってくるから。」
って、
言ってくれて、



それでも、
私は
信用できずに、
「その言葉、信用していいん?」って、
聞いてしまったけど💦




ひねくれてしまったけど、



早く帰ってきてくれるのは
本当にすごくありがたいです。



特に
体調を崩しているときは。





今朝、
「今日は早く帰ってくるから」って
言ってもらっただけで、



ものすごく、心の中が軽くなるのを
感じました。



もし、
その言葉が
「今日は遅くなるから」とか、
「今日は帰れないから」だったら、


もう、泣きたくなるくらい、
心の中が鉛の重りでいっぱいになっていたと思います。



たとえ
なんにもしてくれなかったとしても(失礼)


別の部屋で一人で寝ていても、



やっぱり
夜中にいると、いない、じゃ、違う!!!

こんなにも。





さすがに
夫も
心療内科受診はヤバイとでも
思ったのでしょうか。


それか、
ただほんとに今はお仕事が落ち着いているだけなんでしょうか。


私が言ったことや、
書いたものにたいして、
いつも反応がなく、
気持ちを伝えてくれることも
滅多にないので、



そこに、どういった心境の変化などが
あったのかは、
わかりません。






棚の中から、



みーくんが
生まれて数ヶ月のころまで、
私が書いていた、


交換日記



が、見つかりました。




交換日記



と言っても、


「交換」ではなく、
私の一方的で、
夫はひたすら見るだけでしたが、




のんちんが
生まれたころくらいから、
それは、
付けていました。



全部で
ノート12冊くらい。



さすがに、
みーくんが
4〜5ヶ月になり動き出すようになってからは、
なくなってました。




それに、
なにを
書いても、
反応がないもの💦




読み返してみたら、
とても
懐かしく。。。




みーちゃんの
育児に
ものすごく苦労して、
毎日振り回されている様子が
書き記されていて、




ほんとに、
成長したなぁ〜と、改めて、
思ったことと、




当時は、
みーちゃんのんちん、
まだ幼稚園に行くか、行かないか、の時期で、




義理両親との付き合いが
とにかく頻繁で、
週に何回も会って、
長時間 ずっと一緒にいました。






それに関しても、
ものすごく
日々のやり取りの中でのすれ違いなど、
ストレスに感じたことも
事細かに書いていました。




これも。



今は、

子どもたちが大きくなり、
義理両親との付き合いも、
なにか行事があるときだけになり、
格段に減ったので、




ものすごく
ラクになりました。





いつまでも
しんどいまんまじゃないんやぁ〜〜〜🎵






昨日、
先日お話しさせてもらった
先輩ママさんからお電話をいただきました。





どう???
って。






いつまでもしんどくないからね!
大丈夫やから!
今が一番しんどいときやからね!



って、
励ましてもらいました😄





この
自分の昔の日記を見ていて、
ほんとに
そうなのかもしれない。


と、思いました。



それと、
また、
夫への
この正直に都度、育児のあれこれや、
思いを
1日1日、伝える方法として、



この日記を再開させてみようかなぁ〜とも、
思いました。



が、
今は、
みーちゃんやのんちんも
字が読めるので、
読まれたら困るなぁ・・・・💦
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予定が・・・(;´・ω・) | トップ | マイナス思考? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL