風の声

想いつくままあれこれ

戦争する国日本にするために

2017年05月20日 | 日記
共謀罪がないと「オリンピックができない」と安倍首相の嘘で始まった審議。
まともな答弁の出来ない法務大臣。
そんなデタラメの挙句は、数に物言わせての共謀罪の強行採決だった。

安倍内閣の常套手段とはいえゴリ押しの道理なき国会運営が続く。

戦争法案に秘密保護法、そして悪名高き共謀罪の強行といつかきた道を突き走る安倍首相だ。
安倍首相の目指している「戦争する国、日本」の形がはっきり見えてくる。
共謀罪はそのひとつのパーツで仕上げに欠かせない悪法。
戦争下で国家を批判する国民やマスコミを取り締まることを目的にしているもの。

危険この上ない安倍政治の最終仕上げは、憲法9条の改悪ということだ。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大会新のアナウンス | トップ | 名車 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む