風の声

想いつくままあれこれ

ひらきなおって攻めの試合を

2016年10月29日 | 日記
大手のかけられたカープがホームでファイターズを迎え撃つ第6戦。

いつも通りの試合をさせてもらえなかった北海道シリーズ。
その強烈な圧力こそがファイターズの底力だ。
それだけの力があるチームだからこそ11ゲーム差をひっくり返し優勝できた。

バントミス、走塁ミス、敬遠後の失投と、レギュラーシーズンではなかったミスが相次いだカープ。
初戦を制し2連勝したために、守りに入ったかのような、攻めの試合運びではなかった。
加えて,1番田中、2番菊池、4番新井、5番鈴木の当たりが止まってしまった3戦だった。

今日の試合の決め手は、カープが「ひらきなおる」ことができるかどうか。

さぁ、プレイボールだ!



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悔やみきれない面々が再挑戦 | トップ | 天晴れファイターズ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む