風の声

想いつくままあれこれ

甘やかし続けた挙句の失言

2017年06月30日 | 日記
その能力の低さにもあきれる。

自民党候補の応援で、自衛隊員に選挙のお願いを公然と行った稲田防衛大臣。
あまりにも大きな世論の反発をうけて慌てて発言を撤回した。

それも、聞いた側が「誤解を招きかねない」発言だったから撤回するというもの。
本末転倒、責任転嫁もはなはだしい。

失言した自身の責任については一切触れずに、見事な面の皮の厚さをみせている。

誤解も何も、「防衛省、自衛隊、自民党としてお願いする」とはっきり言っている。
あきらかに、公職選挙法や自衛隊法に違反し、防衛大臣の地位利用だ。

これを指摘されると「自民党としてお願いしただけだ」と居直り、まともに答える能力すらない。

そういえば森友学園問題で「面識がない」とウソを言い張ったことがあった。
自衛隊の日報問題でも、大臣としての能力がないことを露呈していた。
その時も、安倍首相が全面的にかばい、大臣のいすに居座り続けた。

よほどお気に入りなのか、今回も安倍総理は、防衛大臣は辞めさせないとかばい続けている。

またしても判断をミスった安倍総理、都議選での自民党の「自滅」が見えてきた。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雷が凄かった | トップ | ホームで快勝のカープ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事