風の声

想いつくままあれこれ

お笑いに笑えない

2017年05月11日 | 日記
お笑いに笑えない。

笑わせることと笑われることを勘違いしたかのようなお笑い。
恥ずかしいことを平気ですることで笑いが取れると錯覚したものや、
ひたすら奇声を発したり相方を小ばかにしたりの軽薄なお笑いに、笑えない。

書き手の軽薄化がその背景にあるのだろうが、薄っぺらで寂しく想える。

世界の喜劇王チャップリンやキートンの時代。
笑いは面白くて、どこかに哀愁があって、そして時の権力を風刺したものだた。
映画の「寅さん」や松竹新喜劇の藤山寛美さんの喜劇がそうだった。

面白くてほろっとさせて考えさせられる、そんな笑いの文化を復建してほしいものだ。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーヒー | トップ | 行政の無駄はいたるところに »
最近の画像もっと見る

あわせて読む