風の声

想いつくままあれこれ

今度の疑惑は加計学園

2017年05月19日 | 日記
懲りない安倍首相、今度の疑惑は加計学園。

安倍総理の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設に、安倍首相本人が暗躍していた。
そして、またしても安倍首相の昭恵夫人が加計学園子ども園の名誉園長になっている。
森友学園の時と同じ手口に呆れてしまう。

ことの発端は「これは総理のご意向だ」と書かれた文科省の議事メモの発覚。
今年の2月頃から噂されていた加計学園と安倍首相の疑惑が一気に暴かれはじめた。

新たな医学部は37年間にわたって設立されていない。
獣医学部については全国に16しかなく、新たな獣医学部は52年ぶりとなる。
それほど、医学部も獣医学部も新設は不可能とされていた。

そんな状況下で、安倍政権が推し進める国家戦略特区を悪用して、強引に新設にこぎつけたのが、
安倍総理の腹心の友が理事長を務める加計学園の獣医学部新設だった。
安倍首相の子分で文科省の義家副大臣らがなりふり構わず裏で動き回っての裏技作品だ。

そのスピードたるや異例も異例、わずか2年ほどの超特急で認可事務が進み、来春には開校する。
いかに特別で異常なことが強行されているかが分かる。
愛媛の地元関係者すら「突然の認可にびっくりした」と驚く。

まさに、「総理のご意向」なしにはこの異常さはあり得ない。

安倍一強といわれ、好き勝手に権力を私物化している安倍首相のおごりぶりが分かる。
お隣のパク・クネ大統領のお友達との背任事件と同じ構図だ。

おごる安倍は久からず、終わりの始まりがやってきた。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏場所 | トップ | 拷問に近い »
最近の画像もっと見る

あわせて読む