風の声

想いつくままあれこれ

国のトップの矜持と節操

2017年06月15日 | 日記
その国のトップに立つものは絶大な権力を持つことになる。
だから近代国家では、時の為政者は手にした権力を自分自身のことに決して行使しない。
それが、国のトップに立つ者の矜持であり権力者としての節操だ。

戦後、日本の政権をずっと取ってきた自民党にもそれは良識として守り続けられてきた。
かつて今太閤とまで呼ばれた田中角栄でも自分を守るために強権の悪あがきはしなかった。

だが、そんな歴代自民党の矜持は、安倍内閣によって崩された。
安倍一強をいいことに、予算や権限や人事の私物化が平然と行われている。
その私物化の一端が露骨に現れた森友問題であり、加計学園疑惑だ。

自分自身の不正が暴かれそうになると圧力と強権で役人たちにウソを言わせる。
我が身を守るためなら、あったことも、なかったことにさせる。
まるで、ちょんまげ時代のお殿様のような振る舞いぶりだ。

「支持率さえ下がらなければ問題じゃない」おごれる総理官邸は国民をナメきっている。

安倍総理の大きな誤算は、安倍人気の正体を分かっていないこと。
どの世論調査でも「他に適当な人がいないから」が安倍内閣支持の最大の理由だ。
安倍総理の政治手法や政治家としての人柄を支持している層はいない。

いわば、「空気」のようなものが安倍人気の正体にすぎない。
だから一度、「空気」人気が崩れだすと薄っぺらな支持は崩壊する。

背中の荷物が限界にきているロバは、最後の麦藁一本の重さに耐えられず崩れてしまう。
それを、ラストストローという。

安倍内閣のラストストローになるのは、何だろう。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水を流せないのはとても不自由 | トップ | 逃げ切れば国民は忘れる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む