風の声

想いつくままあれこれ

安倍総理の応援をいやがる陣営も出だした

2017年06月20日 | 日記
「築城3年、落城1日」そういって引き締めを図った安倍総理。

支持率急落にビビり、都議会選挙に向けて党内の引き締めを狙ったようだ。
自らの不正疑惑が招いた支持率急落なのに、空気のよめない喩えは周りをドン引きさせた。

安倍総理の怯えが出始めた東京都議選だが、安倍総理の応援を拒む自民党陣営も出ている。
街頭演説で「加計学園はどうなってんだ!」とヤジが飛んだらたまらない、が本音のようだ。

選挙の強さを背景に党内の安倍一強態勢を強固にしてきた安倍総理。
自業自得、その足元が揺らぎ始めた。
これで、もし小池都知事に惨敗するようなら、一気に求心力を失い崩壊する。

「築城3年落城1日」は、今朝の安倍晋三の正夢だったに違いない。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洋の東西を問わずおごる権力... | トップ | タイミングの悪い雨 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事