篠田写真館 篠田恵介Blog

日常生活から社会を斬る〜アブノーマルでもないかな〜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

羅臼岳登山

2014-07-10 11:23:11 | 写真撮影
昨日登って来た年に一の山業でございます。
4日後に「なかしべつ330ハーフマラソン」の出場を控えた約1週間の禁酒中と言う事で、明け方4時前に自宅兼お店を出発。

中央やや右が羅臼岳。


やく1時間のドライブで登山口に到着。(この付近はヒグマの生息地のようです)
平日の為か、登山者が少なく、どんどん進む。ただ、初めから急坂が続きました。


楽しみにしていた雪渓。


このために買った安物アイゼンを装着。(他の登山者は付けていませんでした)


雪渓登り無事終了。溶けている箇所も多く、注意が必要。


「羅臼平」到着。ここに泊まって硫黄山などへ縦走する登山者用にテントスペースなどがありました。


縦走方向の写真。


山頂がもうすぐ。しかしここから大変でした。


力水を頂き。


上を見ると心が折れるので、、、、


長い長い、軽めのロッククライミング。


約4時間で登頂。高低差1500mはお腹いっぱい。


山頂は狭く、土日は混雑するようです。


ウトロ市街


知床五湖


斜里岳方向


謎の文字


絶景か


硫黄山方向


約3時間で下山しました。

おさがりで大きめの登山靴と睡眠時間不足が祟り、難行登山となりました。

次回の更新は「なかしべつ330ハーフマラソン」か?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斜里岳登山(三井ルート)

2013-09-28 15:42:33 | 写真撮影
年に一度の登山トレ。今年は斜里岳で。超マイナーな三井ルート(斜里町側から)で登ってみました。

登山口に到着。登山者ノート記名しましたが、私の前に登った方は3日前にお一人。

通称「玉石沢」を1キロほど進みます。傾斜は緩やか。

沢はここで終了。これから尾根に向けて急傾斜を登ります。



このルートは登山者が僅かなためか、登山道はこのような感じ。

「ガマ岩」に到着。

尾根を登って山頂へ



下山時に開けた場所を発見。

山小屋(清岳荘)の駐車場かな。

感想。メジャーな清里側からとの比較。
高低差がある。200mの差。
4800mと距離が長い。
変化が少なく面白くない。
山頂付近には難所も。

ということで、おすすめはしません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ

2013-09-04 13:00:40 | 写真撮影
昨年に引き続き、今年もハーフマラソンなどの大会に出場しております。
今年は、新たに「トライアスロン」に挑みました。
この大会はスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロのオリンピックディスタンスと呼ばれている内容です。

駐車場からスイムスタート会場までは徒歩で移動です。

一周750mのスイム会場

ウエットスーツに圧迫されて、顔がむくれています。浮力に期待して厚めのウエットスーツを選んだのでですが、これが失敗でした。

スタート30前の試泳。すこし泳ぎましたが、もちろん足がつかない。この時点で不安に襲われ「やめようかなー」と10分くらい真剣に考えました。

駄目だったら途中で棄権すれば良いので、勇気を出してスタート。

最短距離を狙って内側を進んだのですが、大混雑。トライアスロン用語の「バトル」の通り、まわりの選手との接触ばかりで、まともに泳げません。前半で諦めて、ブイにつかまりリタイアする選手もいました。

一周目終了。この時点で300人中200位くらいだったようです。水からあがると体が重く、「やめようかなー」と。2周目の入水にも躊躇しました。

何とか懸念のスイム完泳。画像のように、自転車が残っていない。やっぱり水泳は遅かった。

バイクスタート。目標「100人抜き」。

バイクの結果。数人抜きでした。起伏の多いバイクコースで、消耗しました。
最後の10キロランは、軽ーく流しました。

娘は一緒にゴールしてくれませんでした。



ゴール後、家族サービスタイム。このために体力を温存してました。



大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ公式HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出張撮影が続いております

2013-07-05 11:41:26 | 写真撮影


本日は中体連剣道大会の撮影で北見市まで来てます。
体育館内は蒸し暑いですが、中学生剣士声が響いております。
毎週末の運動会の撮影などが加わり、撮影三昧でございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イッテQカレンダーが届いた。

2013-01-15 11:08:20 | 写真撮影
昨年3月にスチール撮影を担当したイッテQカレンダーが番組制作会社さんから届きました。

なかなか良い仕上がり。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北見ハーフマラソン

2012-10-08 10:47:41 | マラソン
昨日、北見市でハーフマラソンを走って来ました。

8月のビホロデュアスロン大会続いて本年4大会目の出場でございます。

今後のためにラップタイムを残しておきます。

00-01キロ 4'41"81
01-02キロ 4'35"65
02-03キロ 4'42"35
03-04キロ 4'48"55
04-05キロ 4'46"45
05-06キロ 4'58"47
06-07キロ 4'32"28
07-08キロ 4'50"10
08-09キロ 4'45"62
09-10キロ 4'46"66
10-11キロ 4'41"31
11-12キロ 4'46"19
12-13キロ 4'45"87
13-14キロ 4'34"35
14-15キロ 4'48"00
15-16キロ 4'40"59
16-17キロ 5'08"62
17-18キロ 5'14"69
18-19キロ 5'42"85
19-20キロ 5'31"21
20-21キロ 6'53"13
ゴールタイム 1時間44分26秒

比較的平坦なコースでベストタイム(1時間39分12秒)の更新も16キロまでは狙えましたが、記録にあるように、ラスト5キロでガックときてしましました。


↑私の趣味に巻き込まれた同級生友達が初ハーフを好走!
まあ、私の初ハーフの記録には及びませんが(←負け惜しみ)


レース前の記念撮影。スターターを努めておりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西別岳登山のつもりが摩周岳登山

2012-09-21 19:09:35 | 登山
明日から諸事情によりトレーニングの時間が取れないのを気づかった妻から「今日はたくさんトーレングして来たら?」と背中を押され、いつかは登りたいと考えていた西別岳登山に行くとこにしました。

登山口までは遠回りをしてしまい車で50分。立派な山小屋がありました。中に入ってみましたが、無料で泊まれるような感じでした。


登山地図です。国立公園ですので環境省の範疇のようです。


登り始めて1キロ地点。通称ガマン坂。けっこうな急坂が続きますが、先行の登山者をバンバン抜きました。(鍛えるのが目的ですので)



斜里岳が望めます。


尾根づたいを駆け足で進みます。


西別岳山頂に着。登山口からの距離は3.2キロ。1時間30分が目安とありましたが、50分で着きました。(鍛錬ですので)


摩周岳方面


弟子屈市街、阿寒岳方面


虹別方面


小学生が学校行事で登ってました。(多分) 遠くに国後島が見えました。


下山の予定でしたが、とっても物足りないので、摩周岳に向かう事にしました。


山頂手前です。険しくなってきた。


噴火口に吸込まそうな絶景。


西別岳山頂から4.6キロ。1時間45分が目安とありましたが、1時間で着きました。(鍛錬が目的ですので)


弟子屈方面。旧ビラオスキー場が見えます。


写真中心付近が西別岳山頂。


斜里岳と摩周湖。


険しい。


網走方面。



下山途中にリスケ山と北西別岳に寄り道しました。


下山後、またまた寄り道をして養老牛のカラマツの湯で疲れを癒した。

お陰さまで良いトレーニングとなりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビホロ100Kmデュアスロン大会

2012-08-20 20:27:27 | マラソン
挑戦の流れは以下の通りです。

1、昨年春フェイスブックはじめる
2、高校繋がりで野球部の先輩M氏と友達になる→昨年8月に野球部OB会と称しての飲み会で再会
3、M氏が昨年のビホロ100Kmデュアスロン大会初出場して見事完走
4、M氏と同じレースに挑戦したい!私にも出来るかもと一念発起し、昨年10月にランニングをはじめる

以上です。

このレースはスタートして10キロのランニング(私の成績:46分57秒 100位/205人)、80キロのバイク(同:2時間58分1秒 163位)、10キロのランニング(同:1時間8分26秒 122位)という内容の過酷内容。

総合成績は4時間53分24秒で144位で何とか完走出来ました。

うまく行けば4時間30分を切って100位くらいでゴール出来かなー。と甘く考えていました。

以下は今回のレースの自己分析。

最初の10キロラン:朝7時のスタートで、比較的涼しく、軽快にラン。予想より少し速い成績。

次の80キロバイク:始めは軽快に気持ち良くいいペースでペダルをこいでいましたが、20キロ過ぎから腰痛が始まり、最後まで苦しめられました。春のバイクを購入してから200キロしか練習しておらず、長距離ライドも今回が初めて。チャリンコなんてと甘く考えていました。完全なる練習不足。なんと60人以上に抜かれました。

最後の10キロラン:さあ、あと10キロかけっこでゴールだ!と走り始めるも、ストライドが。。。。。そして、気温が30度くらいにで、強烈な真夏の日差し。徐々に歩く選手、そして、座り込む選手が増えてくる中、冷水を被り、何とかランニングを続けるも、私も電池切れ。。。。少しだけさわやかなウオーキングをしてしまいました。(デュアスロンを甘くみていた)


上手くパジェロイオに載りました。


レース前に記念撮影。センターが先輩のM氏です。ドラフト!?の話もあったほどの選手でした。

ランスタート

最初の10キロは楽勝

2種目目のバイク

80キロキツかった

そして最後の10キロへ出発

ウオーキングしてしまったせいか、若干の余裕も
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斜里岳登山

2012-08-14 08:49:38 | 清里の自然
娘が加入している清里陸上少年団の斜里岳登山にサポートを兼ねて同行しました。



連日の降雨で足場が悪く、特に新道の下りは大変でした。

心配された雨には打たれませんでしたが、残念ながら山頂は雲の中。

そして、心配された娘を含む小学2年生4人は元気に登頂出来ました。

追伸、登山ベテランらしき女性に「あらーこんなに小さな子を登らせてー!」とお褒めの言葉を頂戴しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母校野球部を応援に

2012-07-18 13:28:00 | 清里町中央商店街
運動会などの撮影シーズンが一段落。

北見北斗高校野球部の応援に家族サービスを兼ねて、帯広に行って来ました。

私は野球部のOBなのですが、卒業以来、応援に行ったには初めて。

勝利後の校歌を聞いて、「あーそういえばこんな校歌だったなー」と。。。。。

残念ながら、後輩達は昨日のベスト8で惨敗。

しかし、来年以降も期待出来そう。

ぜひとも、甲子園に応援に行きたい。





(カツの写真は「とかちむら」勝利を祈願して食した「士幌牛のビーフカツ」でございます)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加