誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

ヒナゲシ

2017-05-19 07:04:48 | 誕生日の花ケイスケ日記

虞美人草;美人草;麗春花;ポピ―コクリコ(ケシ科)花言葉は、慰め。観賞用に多く栽培される。草丈50cm内外。葉は小さく羽状。5月頃、細かい毛の生えた細い茎の先に下向きの蕾をつける。四弁花で、色は紅、桃、白など。「手折れるはりふじんなれや美人草 季 吟」「裏富士やかかる里にも美人草 不 白」「雛芥子は美しけれど妹恋し 長谷川零余子」「虞美人草只いちにんを愛し抜く 伊丹三樹彦」「すぐ散つてしまふボビー買いにけり 草間時彦」「ひなげしやかまどの灰のかたまつて 大木あまり」「おどろきとほせよ円周の雛罌粟 柚木紀子」「約束を破りしは虞美人草の前 桑原まさ子」「雛罌粟(こくりこ)の北限に佇知一期一会 出口善子」「ジプシーが物干す木の間虞美人草 鈴木朗月」。(罌粟実る友らに苦く愛育ち ケイスケ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アヤメ | トップ | 石竹 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL