誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

フジバカマ

2016-10-17 09:41:00 | 誕生日の花ケイスケ日記

フジバカマ;藤袴;紫蘭;香草;香蘭。(キク科)花言葉は、清楚。川の堤防などに群がって生える。茎は高さ1~1.5mははふつう三深裂し、裏面に脈点がない。花期は8~9月。淡m浦崎色の小さい頭花多数散房状に開く。秋の七草の一つ。乾燥すると香気(タマリン)がある。古歌ニは蘭(らに)と称されている。に範囲は奈良時代に挑戦を経て、また中国から伝来した。「何と世を捨ても果てずや藤袴 路通」「うつろへる程似た色や藤ばかま 北 枝」「藤袴この夕ぐれのしめりかな  園 女」「藤袴白したそがれ野を出づる 三橋鷹女」「面影の去らねば老けて藤袴 六本和子」「かたまりてやうやく色の藤袴 肥田埜恵子」「藤袴とは風のいろ水の色 藤井恵子」「藤袴川のはじまるところかな  塩崎敦子」。(藤袴淡き思ひ出たぐりつつ ケイスケ)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヒヨドリバナ | トップ | ホトトス »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。