誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

霧島躑躅

2017-04-19 07:00:14 | 誕生日の花ケイスケ日記

霧島躑躅(ツツジ科;ツツジ属)花言葉は燃え上がる恋。常緑または落葉知恵僕の通称、欧米では落葉性の種が多い。ツツジの種類は非常に多く野生20種以上にのぼる。山野に自生し、また観賞用のため庭園に植えられる。花は漏斗状の合弁花でさきが五弁花で先が5~8裂し、晩春から初夏にかけて紅、緋、紫、白、絞りなど多彩な色が見られる。開花すると̪蘂(しべ)が長く突き出るのが特徴。ツツジバナ(筒状花)の略、花が次々と咲くのでツズキ(続咲木)ほかツツジの名の由来は諸説ある。「花をしぞ思ふほのぼの赤つゝじ 守 武」「躑躅生けてその陰に干鱈割く女 芭 蕉」「さしのぞく窓につつじの日あしかな 状 草」「餅ほめて這入るは茶屋のつつじかな 許 六」「躑躅咲くうしろや闇き石灯篭 桃 隣」「旅籠屋の夕くれなゐにつつじかな 蒼 太」「花稀れに老いて木高きつつじかな 太 祇」「つつじ野やあらぬ所に麦畑 蕪 村」「つつ咲きて片山の飯白し 蕪 村」「つつじ咲いて石移したる嬉しさよ 蕪 村」「盛りなる花曼荼羅の躑躅かな 高浜虚子」「紫の映山紅(つつじ)となりぬ夕月夜 泉 鏡花」「うつうつと大獄の昼躑躅咲く 飯田蛇忽」「庭芝に小みちはまりぬ花つつじ 芥川龍之介」「花びらのうすしと思ふ白つつじ 高野素十」「日の昏れてこの家躑躅いやな色 三橋鷹女」「吾子の瞳に緋躑躅宿るむらさきに 中村草田男」「山つゝじ照る只中に田を鋤く 飯田龍太」「牛放つ蓮華つつじの火の海へ 青柳志解樹」「椅子向けてれんげつつじや高嶺晴 伊藤敬子}」「大つつじ絢爛として沼暮れる 松本夜詩夫」「愁の日の沸店点にゐて緋の躑躅 石 寒太」「あざれあを店に飾りはきもの屋 青柳はじめ」「つつじ散るイケメンに言葉置くように 菅沼苞子」。今朝晴れて躑躅の花の美しき ケイスケ)。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 躑躅 | トップ | 山吹草 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL