誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

サクラソウ

2017-04-21 08:30:05 | 誕生日の花ケイスケ日記

サクラソウ;プリムラ;常盤桜;乙女桜;雛桜;化粧桜;花桜;櫓桜;サクラソウ科サクラソウ属の日本原産の年草。河岸の原野.山間の低温地に自生し、中国.朝鮮半島、シベリアにも分布する。現在園芸品種が多数あるが、江戸時代にも武士の間で流行し、一時は300種以上の品種があった。草丈は15~30㎝で、葉は多く根元に集まる。4月中旬から下旬にかけて、まっすぐ伸びた花茎に5~20個の花が咲く。花は淡紅色。紅紫色で花びらは筒状の先が5つに裂け、さらにそれぞれの先が2つに割れて、桜に似ていることからサクラソウソウとよばれる。プリムラは西洋種で、花は似ている賀はの形が少し異なる。「盛り切りの飯売る廊やさくら草 素 丸」「我国は草もさくらを咲きにけり 一 茶」「葡萄酒の色にさきけりさくら艸 永井荷風」「少女の日今はた遠しさくら草 富安風生」「わがまへにわが日記桜草 久保田万太郎」「咲きみちて庭盛り上る桜草 山口青邨」「まのあたり天降りし蝶や桜草 芝 不器男}「桜草買ひ来この気弱にて 安住 敦」「ヒマラヤと雲の番人桜草 伊丹公子」「泣くときは見する素顔や桜草 平賀扶人」「さくら草一蓋に母染まりたる 水沼三郎「位牌より遺影の親し桜草 塩谷はつ枝」。(せつかくの連休日なる化粧桜は涙雨 ケイスケ)。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 山吹草 | トップ | 差し入れ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL