誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

大文字草

2016-11-08 09:27:21 | 誕生日の花ケイスケ日記

大文字草(ユキノシタ科)花言葉は、自由。日本全土に分布し,山地の湿気の多い岩間などに自生する。花茎の高さは5~35㎝初秋、、白またはやや紅色を帯びた小さな五弁花を咲かせる。五弁の細い花弁のうち、上側の三枚よりも下側の二枚が長く、「大」の字に見えることからこの名がある。「釣鐘の大文字草を忘れめや 高浜虚子」「拙きと整ひたると大文字草 足立幸信」「大文字草大の要に芯を張る 西村しげ子」。(雪ふりて紅色の花白くなる ケイスケ)。今朝の朝刊によると北海道はもとより東北や裏日本まで初雪を見たようだ。いよいよ冬本番の季節となる。夜間寝るときは、暖房が活躍しそうだ。我が家でも、暖房機や、ガス暖房機を使い始めた。

房の活躍のとき

ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
« 大文字草 | トップ | ヒマラヤスギ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL