誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

ホトトス

2016-10-18 07:52:53 | 誕生日の花ケイスケ日記

ホトトギス(ユリ科)花言葉は、永遠にあなたのもの。ユリ科の多年草で、秋百合を小さくしたような、内側に濃いい赤紫の斑点が蜜にある花を開く。山地の氾日影や湿り気の多いところに生える。葉は互生し、笹の葉にに似て咲きが少し曲がる。斑点が、時鳥の胸毛の模様に似ているので、この名が付けられた。「「軽口にまかせたほととぎす 西 蔓」「ほととぎすとど杉の葉つちる時 才  麿」「「空になくや水田の底のほととぎす  鬼  貫」「ほととぎすさくらはにき伐られけり  言 水」「ほととぎす貴船へ通ふ禰宜ひとり 来  山」「野を横に馬牽き向けよほととぎす  芭蕉」「暁はまだ紫にほととぎす 芭蕉」「京にても京なつかしやほととぎす 芭蕉」ほととぎす啼くやご五尺の菖草 芭蕉」「Lほととぎす今いまは俳諧師師なき世かな 芭蕉」「ホトトギ鳴くや湖水におささやきに 丈 草」「嶺越すや尻声はねて時鳥 咧全」「ほととぎす大竹藪を漏る月夜 芭蕉」「郭公声横たふや水の上 芭蕉」「有明の面おこすやほととぎす 其 角」「ものの音水に入る夜ほととぎす 千代女」「欄間に酒こぼれけりほととぎす 素 丸」。(郭公一声夏をさだめけり  ケイスケ)。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フジバカマ | トップ | 大毛蓼 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。