誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

梅擬

2016-10-29 08:19:47 | 誕生日の花ケイスケ日記

梅擬(モチノキ科)花言葉は、明朗:山中や湿地に生える落葉低木で、秋になると赤や朱色の実が色づく。観賞用に庭園などに栽培される。雌雄異株。葉が落ちた後にも実が長く枝に残り美しい。「残る葉も残らず散れや梅もどき 凡 兆」「澄むものは空のみならず梅擬 森 澄雄」「館山に雪の来てゐるうめもどき  大嶽青児」「まなじりに雨の一粒うめもどき 小島千架子」「無頼派の誰彼逝きて落霜紅 七田谷千架子」。(懸命に赤くならんと梅擬 ケイスケ)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« センブリ | トップ | オキナタコウジ »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL