誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

紫苑

2016-10-15 09:33:07 | 誕生日の花ケイスケ日記

紫苑(キク科)花言葉は、追憶;遠くの人を思う。嫁菜;根菜;東菊などと同じ属のキク科の多年草で、野生化もしているが、栽培されているものが多い。歩も茎もざらざらしているのが特徴で、高さ2m近いものもある。古名「しおに」といい、『古今集』にみえる。謡曲『大江山』には『鬼のしこ草とは誰がつけし名なるぞ』とあるが、紫苑という美しい花からは想像しい異名である。紫苑はその名のとおり、むらさきいろの美しい色だが、紫苑色というかさねの色は『源氏物語』や『枕草子』にも出てくる。「澄む日影照る月影や紫苑咲く 水原秋櫻子」「露けぶるむらさき捧げ紫苑立つ 松本隆」「丈高きことが淋しく花紫苑 渡辺捂逸」「日に月に紫苑畠に寺の影 馬場移公子」「鎌倉や紫苑畠に寺の影 有働  亭」「夢にさへ母みゆ月日紫苑咲く  塩谷はつ枝」「隣り家は紫苑なさかり我が家も 三橋鷹女」「石垣の上に紫苑と兜屋根 瀧 春一」「病家族あけて紫苑に凌がるゝ 石田波郷」「頂きに蟋蟀をる紫苑かな 上野  泰」「門なくて紫苑の高き仮寓かな 森田 峠」「紫苑にはいつも風あり遠くみて 山口青邨」「紫苑ゆらす風青空になりにけり 阿部みどり女」「ゆるるともたゆむことなき紫苑かな 下村梅子」「ゆうぐれに摘んで紫苑を栞とす 折笠美秋」。(沼舟の雫うすれゆく紫苑かな ケイスケ)

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 友禅菊 | トップ | ヒヨドリバナ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。