誕生日の花、俳句など

毎日が日曜日の私が、その日、その日の出来事や、世間話のなかで、悲憤慷慨何でもあり、想いのままを、書き撲ています

大毛蓼

2016-10-19 09:35:18 | 誕生日の花ケイスケ日記

大毛蓼;紅草(タデ科)花言葉は、思いやり。タデ産の一年草。アジア原産の一年草。江戸時代に渡来し、観賞用に栽培されたが、今は空地や野原などにもに自生する。冬季以外の各季に花を開いているものが見られる。秋に咲くのは大蓼.花蓼。大大蓼.大毛蓼.柳蓼.桜蓼.ぽんとく蓼など。大毛蓼は、1.8~2.2mに達する。花蓼はくきが直立し花がまばら,桜蓼は淡紅色の花が愛らしい。秋に穂を垂れて咲き、大蓼よりも花の赤紫色が濃く鮮やかで、草丈高く葉も卵形をしていて目立つ。白花もある。茎や葉の裏には毛が蜜生していて、葉は虫にさされに効く。「お祭りのごとき門前大毛蓼 星野恒彦」「大毛蓼花瓶にありて結びし実 田子六華」「捨水を打ちゆく蓼の溝 山口青邨」「定年や径ひとすじに風の蓼  平川雅也」「あとになり気付く蓼酢のありしこと 中原道夫」「食べてゐる牛の口より蓼の花 高野素十」「蓼の花溝が見えぬに音きこゆ 柴田白葉女」「二三日なまけごころや蓼の花 鈴木真砂女」「空あおく魚に旬あり蓼の花 八田木枯」「蓼の花揺れゐて海の夕明り 澤村昭代「」下駄履いて一呼びに出る蓼の花 吉田汀史」「蓼咲いて余呉の舟津は杭一つ 三村純也」「伏流は器に現はれきく蓼 岡部六弥太」。(夕闇にかぶさる花は紅紅草か ケイスケ) 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ホトトス | トップ | 泡立草 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。