デゲロ28で スローな人生の楽しい航海へ 『DEGERO28MS ヨット勁草丸(けいそうまる)と柴犬のお話 』

フィンランド生まれのヨット DEGERO28MS と巡り合い、瀬戸の島々を中心の船旅 Bon Voyage!

今、日本国憲法を考える時に、、、

2017-05-19 17:56:09 | 雑記帳

難しい憲法の話しにどう対処するべきかと考えた時、真っ先に考えるのは、信頼できる専門家を見つけることだろう。

故紙回収前に、新聞に目を通すことにしているのだが、これが大変な苦痛である。
そして、気になる記事のあるページを抜いていく。一ヶ月分だと結構な分量になる。
それを読むとなると、まーグータラな性格なのでなかなか進まない。

今回、抜いたページに憲法の大家と言われる人の記事があった。
長尾東大名誉教授の話では、

1、憲法制定当時の国民に強い感激をもって受け入れられた
2、GHQはかなり高度な知識集団で、憲法が技術的によくできている
3、憲法は、民法でいう「*履行による追認」⇒国民が行為によって追認した
4、憲法解釈の限界などはとっくの昔に超えている
5、老人国家日本に残された長所の『落ち着き』を失うな!

ということである。

*瑕疵があって取り消せる契約でも、義務者の側で履行すれば取り消せなくなる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の夕刊に、えっと思う記... | トップ | 憲法が改正されずに来た訳は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL