髭のプーサン日記

北海道日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
本業の姓名判断は気になることを書いています

日ハム 杉谷復帰で結果を出す 特筆は大田の5号ラン

2017-05-19 22:54:14 | 北海道日本ハムファイターズ


5月19日【Game39/16-23-0】
北海道日本ハムファイターズ 7-2 オリックス・バファローズ
【勝】浦野 (3-0-0)【負】山田(0-1-0)

◈◇♡◇◈**:;;;;;;:**◈◇♡◇◈**:;;;;;;:**◈◇♡◇◈**:;;;;;;:**◈

鎌ヶ谷で復帰のチャンスを狙っていた杉谷が戻って来ました。
ただ、淺間との入れ替えは残念ですが、淺間はここ数試合結果を出す事が
出来なかったので仕方がないでしょう。

元気印拳士は一回裏にさっそく結果を出します。
先頭打者遥輝が三振に倒れた後、今季初登板の投じた外角低めのチェンジアップ
を見事にとらえセンター前に運びます。

今季は二度のエレベーター生活で、一軍とファームを行き来していたとはいえ、
格の違いを見せた一打でした。
次打者コンスケはセンターフライに倒れましたが、今日は元気を取り戻した中田
が初登板の山田のチェンジアップを右中間に2塁打として、あっという間に先制を。
入団8年目で初登板の山田には、やはり荷が重かったのでしょう。



続く2回裏には、先頭打者の岡は倒れるも市川のサードゴロを小谷野が悪送球
し、9番石井(一)はレフトにヒットを放ちます。
当たりが止まっていた石井にとっては、嬉しいヒットでした。
この回には、おまけがついてT岡田のファンブルもあり、ランナー2,3塁の
チャンスには、このところナーバスになっていた遥輝が一塁頭上を越す2塁打
でスコアーは3-0に。
日ハム先発の浦野にとっては、嬉しい追加点でした。

今年浦野が先発としてマウンドに立っと、不思議に得点が入る試合展開になり
ます。
2015年に右肩三角筋後部筋挫傷でリタイアをし、2年間棒に振った彼には野球
の神様が微笑んでいるのでしょうか。
まだ3試合ながら、チームメートは良く打ってくれます。
とくに同級生の中田は、浦野が投げると今までの不調は嘘のように良く打ちます。

ふだんも打ってくれると良いのですが、なかなか今までは思い通りに行っていません。

3-0とした浦野には、3回裏も先頭打者の中田がライトへヒットを打ち、5番の
レアードは四球で歩きます。
この回からはさすがの福良監督も投手を交代し2番手青山をマウンドに送っていま
したが、6番大田は青山が1-0から投じた2球目を押し込んで、バックスクリーン
への5号3ランを放つのでした。

大田の覚醒はどうやら本物のようです。
大田泰示(たいし)26歳  東海大相模高-読売ジャイアンツ(ドラフト1位・09~16途中)
北海道日本ハム(16途中~)HRのキャリアは16年の4本が最多。
すでにキャリアオーバーの5本塁打を放ったわけです。

浦野のあとは 石川直谷元宮西鍵谷マーティン高梨とつなぎ7-2での
勝利となりますが、9回表に高梨を送ったのは予想外でした。
しばらくは高梨を先発から外し救援で使うのでしょうか。

それとも先日のKO負けのお灸をすえたのかは不明ですが、どうやらセパ交流戦前の対西武
戦では斉藤佑樹の先発があるかも知れませんね。





『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日ハム ボコボコに打たれる... | トップ | BSオープン光里は棄権 堀琴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL