髭のプーサン日記

北海道日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
本業の姓名判断は気になることを書いています

日ハム 中日戦は残念な試合を落としました。

2017-06-14 03:54:11 | 北海道日本ハムファイターズ



6月13日【Game59/24-35-0】
中日ドラゴンズ 7-5 北海道日本ハムファイターズ
【勝】岩瀬(2-3-0)【S】田島(1-2-16)【負】マーティン(0-1-1)


初回レアードの3ラン16号が飛び出し、幸先良い先取点を貰った加藤
投手ですが。
その裏たちまち2失点。
そして2回裏には立て続けに2失点で3-4と逆転をされてしまいます。
そうは言ってもハム打線は気落ちをすることなく、大田、中田が打ち
この日4打点目となるレアードの同点打で3回表には追いつくのですが...........。
1死1,2塁で賢介は1ゴロ、杉谷も左飛に倒れます。

ここで追加点があったなら、流れを掴み絶対有利で試合を進めることが
出来たでしょう。
あくまでもタラレバの話ですが、チャンスでここ一本が出ない日ハムの
弱点がここでも表れてしまったようです。

負けが込んで5位と低迷しているチームですから、なかなかテンションも
上がらないのでしょうね。


とはいえ5回表には4-4同点から中田翔の6号が飛び出し再び5-4と
リードをして、勝利への希望が出て加藤は4失点ながら勝利投手の権利を
得ながら、6回はこのところ好調な鍵谷がマウンドに立ちますが.....。
中日4番のビシエドにこの日2本目のホームランを.........。

またもや同点に追いつかれて、溜息のみが出る乱打戦に声も出ません。
何という破壊力! さすがキューバのタンク(戦車)ですね。

7回には再度日ハムにチャンスは訪れるものの、中田、レアードが倒れて
無得点。
流れは日ハムに傾かず8回裏には頼みのマーティンが打たれて5-7と
残念な敗戦になりました。


ここ一発が出なかった日ハムですが、疲れもピークに達しているようです。
セパ交流戦は残す事5試合になりましたが、ここに来て中田翔にも当たり
が出て来たのでかなり期待は出来るかも知れません。



『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日ハム 村田透初勝利で巨人... | トップ | 日ハム 激戦を制し公文は今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL