髭のプーサン日記

北海道日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
本業の姓名判断は気になることを書いています

愛知・豊橋市女児衰弱死事件(凶数が絡んだ横同格夫婦)

2012-09-22 18:28:00 | 姓名判断

衰弱した期間も児童手当受け取る フジテレビ系(FNN) 9月22日(土)12時9分配信

愛知・豊橋市のアパートで4歳の女の子が衰弱死した事件で、逮捕された両親が、

女の子が衰弱した期間も児童手当を受け取っていたことがわかった。

22日に送検された豊橋市の加藤和久容疑者(48)と妻・陽子容疑者(39)は、

長女・杏奈ちゃん(4)に満足な食事を与えず、放置した疑いが持たれている。

2人は、「生活が苦しくて、病院に行けなかった」と供述しているが、豊橋市によると、

杏奈ちゃんが体調を崩したとみられる2011年12月以降も、月1万円の児童手当を

受け取っていたことがわかった。

和久容疑者は物流関係の会社の仕事で、毎月20万円以上の収入があり、

豊橋市の制度で、杏奈ちゃんの医療費は無料となっていた。

愛知県警は、2人の経済状態を調べるとともに、杏奈ちゃんを死亡させた動機などを

追及する方針。

[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[

最近とみに目立つのが幼児または児童虐待のニュースです。


成人を過ぎたばかりの若い父母ならまだしも、この事件のように立派なオトナが、

いたいけない幼児を衰弱死させるとは、世も末かと思わせるニュースです。

9月2日にも東京の目黒区で41歳の母親が13歳の長男に手伝わせて、

5歳の3男をゴミ袋にいれ窒息死させた事件がありました。

この母親は、再婚をして出来た3男が「わがまま」ということで殺してしまった

41歳と言うから二黒土星生まれ?で、今年は「本厄」の年。

魔が差したという人もいるが、お金に困らないセレブ妻でも人格破壊では何が起きても

不思議ではありません。

豊橋の加害者は、加藤和久容疑者(48)姓名判断では「和」「久」も名前には適しない文字 

九占舎HPの〈名付け時に避けたい文字〉にどちらも入っています。

またこの名前は人格26画で「子供に関するトラブルが起こる大凶数」で外格8画とは「横同格」です。

一方、目黒区の事件は、母親である重田史都(しず)容疑者(41)の姓名ですが、人格10画は凶数で

外格20画は大凶数でともに末尾0画の凶数同士の「横同格」です。

史都と書いて「しず」とはなかなか読めない名前でもあり、おまけに濁音が入るなまえです。

被害者の子供、重田滉史くん(5)は外格が親子の縁がない14画の大凶数ですね

天格も14画ですから、やはり家庭的には恵まれにくい悪い名前といえます。

横同格に関しては、HPの「改名による開運」をご覧ください。

ジャンル:
占い
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ばね指 | トップ | 雲のむこう、約束の場所  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL