髭のプーサン日記

北海道日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
本業の姓名判断は気になることを書いています

日ハム 善戦するも痛ぁ~い敗戦

2017-05-16 22:38:29 | 北海道日本ハムファイターズ



5月16日【Game37/15-22-0】
東北楽天ゴールデンイーグルス 6-4 北海道日本ハムファイターズ
【勝】辛島 (4-2-0)【S】松井裕(2-1-15)【負】高梨(2-4-0)
【HR】ウィーラー5号(3回裏3ラン)

ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ

リードオフマン西川選手が中前で出塁すると、すかさず盗塁を決めチャンスメイク。

続く岡選手は進塁打となる一ゴロで3番につなぎ、近藤選手は四球を選び1死三塁の
好機を作りました。
「皆がチャンスでつないでくれた」と話す中田選手が先制の左犠飛を放ち先制に
成功しました。
楽天イーグルスの初回失点は今シーズン2度目。4連勝と波に乗るファイターズの
勢いが上回る攻撃となりました。




しかし、2回以降は相手・辛島投手に苦しめられ、5回まで無安打と抑えられました。
展開は3回に逆転3ランを打たれるなど、中盤には追いかける立場となっていました。
6回には再び、西川選手の四球から岡選手の左翼線二塁打で1点を返し、終盤にも
粘りを見せましたが、形勢を逆転するには、あと一歩及びませんでした。



ただ、4月のファイターズと明らかに違うのは「そのままでは終わらない」ということ。
勝ちパターンの継投策に入った楽天イーグルスに対し、攻撃の手を緩めることは
ありませんでした。
7回には2者連続で四球を選び、満塁の好機を作りました。8回にもハーマン投手から
連続安打と犠飛で1点を返しました。

また最終回にも先頭が四球で出塁し、一本出れば逆転3ランのところまで詰め寄りました。
ベンチはゲームセットの瞬間まで諦めることなく、声を出し続けました。
あっさり負けるのではなく、しがみついて戦うことが明日の戦いにつながっていきます。
最後まで必死に戦ったからこそ、悔しいと思える。
その悔しさがチームを動かす推進力となっていくはずです。

〈以上は日ハム広報レーポート〉からコピペさせて頂きました。

日ハム広報さんはこのように語っていますが、ミスはレアードのエラーによる失点前に
ありましたね。
先発高梨の交代時期を見誤ったことです。
3回裏には1死のあとに連続安打をされて、ペゲーロは三振に取るもののウィーラーに
3ランHRを打たれます。
その後もアマラー、銀次に連続ヒットを打たれ2死2,3塁のピンチを迎えますが、
何とか島内を押さえて1-3で終わります。

3回裏に逆転をされたと言っても、この時点では2点差ですから、投球数も増え決して
好調とは思えない高梨は3回で降板をさせて、4回裏からはエスコバーに変えるべき
でした。
4回裏の追加点は日ハムにとってとても重いものになったのです。

あくまでも結果論ですが、4回裏の「1失点」でこの日の勝負は決まったと言っても
良いでしょう。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なまえの話~宿命は変えられ... | トップ | なまえの話 半﨑美子~崎か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。