渓芯会山行きハイキング

老若男女の愉しい仲間、山歩きの後の温泉探訪と反省会が楽しい

印象深い”峰の薬師”に再度散策

2016-12-13 | Weblog

峰ノ薬師

2016.11.6

大宮さん、岩佐さん、淡路夫妻、石田さん、安藤さん、均 

橋本駅集合は 本年3回目。駅前のイオンもすっかり なじみになった。店内の椅子 テーブルの おかれたスペースで 

腰かけて待っていると 大宮さん現われる。そして石田さん 岩佐さんと この場所に集まった。あらかじめ

決めておいた集合場所というわけではないので 思わず笑ってしまった。

予定通りの0900のバスで橋本駅を離れた。久しぶりに参加の安藤さんはなんと娘さんが 本日出産予定なのだそうだ。

もっとも少し遅れそうということで参加となった。本日は快晴。気温も高い。タイツ装着の筆者は おバカでした。

クラブ前バス停より 歩行開始0932。ガストより右手に下って行く。

峰野薬師 

三井大橋の隣に架かっている歩道橋で 津久井湖の対岸へ。登り坂を進んで三井南バス停の所より 右に入った0948

峰野薬師

ここで各自一枚脱ぐ。名前のわからない柑橘を見ながら進むと これから向かう山の上に鉄塔が見えてきた。

廃屋前を通過。いやそうではなかった。改装中のようだった。小さな橋を渡った先に うち捨てられたコーンは今も健在で

あった0958

峰野薬師

点在する民家前の植栽を見学していると 番犬に吠えられてしまった。舗装路に出たのは1008

峰ノ薬師参道口より 階段を登って行く。この先 急勾配の山道となる。

薬師堂530m 14分 地点には1015

峰野薬師

この先で初めて他のハイカーとすれ違った。急登をがんばってこなし 峰ノ薬師には1030着。少し色づいた葉が

青空に映えて 美しかった。ここよりの展望よし。休憩の後 鐘をついて1050出発。奥の院を右手に見送って

進んだ先に鉄柵あり1101鉄塔下を通過したのは1107

峯の薬師

草戸山への分岐通過は1111。そして三沢峠1115着。

ここでランチタイムとする。これまで汗をかかされてきたが テーブルの置かれた 峠は風通しが良すぎて 

じっとしていると 寒い。休憩タイムを省略。1140下山開始。高尾グリーンセンターには1203着。

峯の薬師

間伐作業中の杉林の中を通り福寿園前には1221着。うかい竹亭前からは チントンシャンと 優雅な音色が聞こえてき

1225

峯の薬師

緑と赤のコントラストが見事な唐辛子畑の前を通る。高尾山口駅1.6kmを示す所から 舗装路に出た1232

紫色が見事なムラサキシキブ そして 高尾米?を目にして 高尾山口駅に着いたのは1304

駅前より1310の送迎バスでふろッぴィへ向かう。

峯の薬師

施設は空いていて快適。さっぱりできたところまでは よかった。服を着ていったんロッカーのカギをかけ 頭を乾かす。

ザックを取り出すべく 再びロッカーを開けようとして鍵が無い事に気がついた。

ズボンのポケットに入れたはずなのだが 無い。周囲を探すも発見できない。

動転している筆者に 石田さんより あるじゃん という助け舟。なんと右腕につけているではないか。

石田さんの活躍はこれだけではなかった。

探し物(腕時計)をする人が もう一人いた。どこにあるか ずばり石田さんが指摘して 無事 事件解決。

1525の送迎バスで八王子駅に向かう。1548着。海賊船八王子店1556入店。

安藤さんの想定外の発言などもあり 楽しく飲み食いできた。そこまではよかった。

トイレの順番をめぐって 筆者が他の客と ひと悶着。淡路さんに なかに入ってもらう事態になってしまった。

迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。

19時 反省会終了。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京塚山ハイキング | トップ | 高尾いろはの森散策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。