けい先生のつぼにくる話

はりきゅう漢方の先生が教えてくれる健康に関する話

冷凍庫の修理に挑戦。。。

2016-10-30 10:54:26 | 雑記


前回に引き続き、冷凍庫の修理のお話です。


上にあるコードがついた丸っこいのが、サーモスタット。
右はじがコントローラ。
その隣の黒いのがキャパシター
左はじがリレーです。
針金は止め金です。


これらをセットして、さあ冷凍庫をコンセントにつないで始動いたしました。。。。
先日呼んだ修理屋さんの言っていた、「部品を付け替えたら24時間待つことになる」ということでしたが、、、だめでした。。。自信があったのに、、ショックであります。

これらを取り換えてダメなときは、心臓部であるコンプレッサーか中にあるべきなガスが抜けている状態なので、大手術が必要となるとのことです。
この費用は新品を買うより高くなってしまいますので、潔くあきらめました。

ま、エジソンの言葉ではありませんが、「これは直せないということがわかったからよい。。」ということにいたしましょう。
でも、機械いじり少年だったころの私のいたずら心は満足させることができました。(ちょっと負け惜しみ系ですね。。。)


これで、冷蔵庫のメカニズムがわかりました。重要なパーツは、上の写真のそれと、コンプレッサーと中のガスだけなんですね。とても単純です。
http://www.repairclinic.com/RepairHelp/How-To-Fix-A-Freezer/96---/Freezer-not-freezing

これで、パーツを選んでクリックすると、各々の部品の交換の仕方のビデオが観れます。
http://www.partselect.com/KenmoreModels.aspx?ModelNum=25328452806#Central_Content_PagerTop

この後さっそく近所のThe Home Depotに行ってみると、ちょうど11月1日までのキャンペーン中で、ほぼ同じスペックの冷凍庫が、$521.で、自宅までの発送費が無料、古い冷蔵庫の引き取り費用が$15.で今週の水曜日に届くとのことでした。

修理のために購入したパーツ類も全額返品がききました。

これにて、一件落着!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカの家電修理システム... | トップ | 11月5日から20日までお休みさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL