変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

痴漢の正体

2006年10月30日 | ふと思った事
おぱーるさんのブログ記事「ちょっと思ったこと」を呼んで、思い出してしまいました。

それは高校受験直前の中学3年生の冬、塾の帰りだったと思います。
電車の切符を買おうと並んでいたら、真横に車椅子の男の人がスーっと寄ってきたんです。
何だろうなって思っていると、その人、こともあろうか私のおしりを触ったのです。
「わっ」って思った瞬間、その人は車椅子で走り去りました。
思春期真っ只中だった私は突然の出来事に呆然。
その後しばらくは車椅子を見ると警戒するようになってしまいました。

もう何十年も前のことだったので、すっかり忘れていました。
今では車椅子をみても警戒することはありません。
(というよりも、入院中車椅子で病院内をかっ飛ばしてたのは私です。)
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

何で???

2006年10月28日 | 普通の日記
午前中、パソコンいじってたら突然パソコン固まりました。
再起動して問題なし・・・と思いきや、

ありゃりゃ、ブックマーク(お気に入り)が消えてるぅ~。

バックアップしていなかった私が悪いのですよね・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

軽い風邪

2006年10月27日 | 普通の日記
火曜日あたりから喉がちょっと痛くてヤバイかなって思ってたんですが、その後症状は良くなるわけでもなく、悪くなるわけでもなく、喉がちょっと痛いままの日が3日続きました。
そして今日、良くなりそうもないし悪化したくはないので、徒歩2分で行ける診療所へ行ってきました。

診療所の先生、年は40代後半くらいかな。とても優しくて、夫と密かに『おばちゃん先生』、と親しみを込めて呼んでいます。(おばちゃん、なんて呼んで失礼ですよね)
で、そのおばちゃん先生、「軽い風邪ですね。もう3日経ってるから、このまま治っちゃうかもしれないわね。お薬飲んで、いつもよりも多く水分とって、疲れることしなければすぐ治っちゃうわよ。」ですって。

ヤッター、家事サボる口実が出来た!

と思ったバチが当たったのか、帰宅後、熱が出てしまいました。
体温計の数字見て(37℃ちょっとなんですけどね)、いきなり力が抜けてしまい、結局午後は家事サボって寝てました。
今は熱も下がって、元気いっぱいです。(喉はまだ痛いけど・・・)

ちょっと気が緩んでたのかしら。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

徳島のおいしいわらび餅

2006年10月26日 | 普通の日記
先日、北千住の丸井でお友達とランチをしたのですが、その帰りのこと。
地下の食品売り場を覗いていこうと思い立ち、エスカレーターで地下へ行ってみると、四国の物産展をやっているじゃありませんか。
物産展っておいしそうなものが多くて、誘惑を振り切るのが大変なんだけど、でも好きなんです私。
案の定、おいしそうな讃岐うどんの実演販売をしていて、既にランチでお腹いっぱいなのについつい手が伸びそうになるのを堪えました。
その次はシュークリームとロールケーキです。今日のおやつにと買おうかと思いましたが、お値段が・・・なのでやめました。
そしてしばらく行くと、お団子屋さんを見つけました。そこにはとってもおいしそうな『わらび餅』が。



もうだめです。我慢できません。

「おじさん、このわらび餅くださいな。」

お団子やのおじさん、とっても小柄で笑顔が眩しい人でした。
おじさんは私のわらび餅を包みながら、人だかりの出来ているシュークリーム屋さんの方を少し恨めしそうに見ながら、こう言いました。

 「ケーキとかさぁ、シュークリームなんかさぁ、何処でも食べれるでしょ? たまにはこういうの(わらび餅)食べたほうがいいと思わない?」

こういうおじさんって、私好きだなぁ。


冷やしたほうがおいしいよっておじさんが言っていたので、家に帰ってすぐに冷蔵庫へわらび餅をしまい、翌日のおやつにすることにしました。
よく冷えた『わらび餅』は、こしあんがたぁっぷり入っていておいしいこと、おいしいこと。

お団子屋のおじさん、わらび餅、とってもおいしかったよ!
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

モモの物語

2006年10月25日 | 映画とか、小説とか
モモの物語』(エリック=エマニュエル・シュミット著)という本を読みました。
文庫本サイズで120ページ弱のサラッと読める本です。もともとは演劇用に書かれたものらしいのですが、何年か前に小説化され世界各地でベストセラーになったと、あとがきに書いてありました。
映画化もされていて日本では『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』というタイトルで2004年に公開されたようです。(この頃は股関節の痛みがピークだったので、映画への興味を失っていて全く記憶にありません)

ちょっとした空き時間にサラッと読める本をと思ったのですが、これがまたハマッしまいました。
11歳の少年モモと、食料品屋のトルコ人のイブラヒムおじさんとの微笑ましい交流がなんとも言えない感じです。読んでいて、それほど悲しくはないのに、不思議と涙が出てきてしまいました。悲しくないのに涙が出るなんて初めてです。
印象に残っているのはイブラヒムおじさんの言葉、「人は、幸せだから笑うんじゃない。笑うから幸せになるんだよ。」です。
いい言葉だと思いませんか?
上手く文章にはできないけど、とってもステキな小説でした。
そのうち映画も見たいと思います。


参考URL

小説『モモの物語

映画『イブラヒムおじさんとコーランの花たち
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スワニーウォーキングバッグの実力

2006年10月23日 | 股関節のこと
股関節痛は怖くない!」で話題(!?)のスワニーですが、実は私も持っています。
スワニーは、杖代わり、イス代わりになってしまうキャリーバッグ(ウォーキングバッグ)です。(タイプによってはイスにはならないものもあります)
買ったのは割と最近です。旅行用というよりも、実家へ帰る時用に購入しました。
今までは実家に帰る時は最寄の駅まで夫に車で送ってもらっていたのですが、最近夫の仕事が忙しくなり送ってもらうのが難しくなりました。それほどたくさん荷物があるわけではないのですが、駅まで徒歩で15分、荷物を背負うようにして歩いてもかなり疲れます。さらに電車を降りて駅から実家まで8分ほどですが、道が悪いので歩きづらいのです。

で、実際使ってみるととってもとっても楽なのです。
もっと早くに知っていれば、今までもっと楽に荷物を運べたのに・・・とちょっと悔しいくらいです。
難があるとすれば、段差とか階段です。
階段はどうしても持って昇り降りしなくてはいけません。
段差は、点字ブロック程度の段差でも少し不安定になります。杖代わりにしていると駅などで点字ブロックやちょっとした段差がやたら多く感じます。
後は、砂利道なんかもきっと不安定になるでしょうね。
でもそれ以外はとても快適です。
荷物を多く持ち運ばなくてはいけない方とか、旅行好きの方なら一つ持っていると便利だと思います。
それと、普段の買い物用にも使えるタイプのものもありますよ。

私が買ったのは「フルーゴ」(楽天で買いました→【キャリーバッグ4輪】SWANY スワニー フルーゴ 46cm ブラック) です。
本当はもっとおしゃれなものにしたかったのですが、夫も使えるようにと無難な黒にしました。
金額がちょっとお高いのがネックでしたが、長く使えるものがいいと思うし、アフターサービスもしっかりしているみたいなので決めました。

年内であれば、「股関節痛は怖くない!」のM先生に頼めばお安くなるようです。「銀サロ」行けば、カタログや一部ですが実物も見れます。ちなみに、私はスワニーの回し者でも、M先生の回し者でもありません。どちらかというと、楽天の回し者かもしれません・・・。


参考
スワニーウォーキングバッグ ホームページ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

銀サロ

2006年10月18日 | 股関節のこと
昨日、「股関節痛は怖くない!」のMark先生の『LE SALON GINZA』、略して「銀サロ」へ行ってきました。先生の施術は8月以来だったのでとても久しぶりです。銀サロへ行くのは初めてでしたが、親友とたまに行くおいしいピザのお店のすぐ近くということもあって、迷うことなく銀サロに到着しました。

高級マンションといった入り口で、何故か緊張しながら部屋番号の705を押しました。(オートロックなんです) お部屋自体はあまり広くはないのですが、ガラス張りのバスルームがあったりしてなんともおしゃれです。八丁堀時代は校長室に無理やりベッドを入れて・・・な感じがしたのですが、現在のお部屋はソファーもあるし、くつろげます。

久しぶりの施術だし、9月中旬頃から足の調子が悪かったしで、先生の施術痛いんだろうなぁと覚悟していましたが、最初は意外と痛みもなくてホッとしました。ところが右足の付け根になると始まりました、悶絶タイム。
結局いつも痛がる場所はやっぱり今回も痛かった・・・。
そしてたまにため息混じりに聞こえる「かたいな・・・」という先生のつぶやき。
ああ、筋肉の柔らかい女になりたい・・・。

でも前回より痛みが少なくなったようでした。これって良くなっているってことですよね。先生に感謝です。


銀サロ周辺グルメ情報
たまに行くおいしいピザのお店は銀サロの真向かいにある『ISOLA blu』というお店です。パスタもおいしいです。でも階段がちょっとキツイのが難点。 → ISOLA blu ホームページ
それと徒歩1~2分のところにフレンチのお店もあります。昨日ここでランチしましたが、おいしかったですよ。 → Yahooグルメ Le Courage
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ミイラとハヤシライス

2006年10月13日 | 普通の日記
昨日は夫とデートしてきました。
実は先日8周年の結婚記念日を迎えたんです。お付き合いを始めてから7年で結婚してさらに8年ってことで15年もの付き合いになるんです。
なんだかびっくりです。よくまぁ続いたなぁと。

そんなわけで夫のお仕事がお休みの今日、近場ですがデートしてきました。
行き先は『上野』。
お目当ては「ミイラと古代エジプト展」です。
いつもなら博物館とか美術館に興味を示さない夫が、『ミイラ』と聞いて行きたいと思ったようで、めずらしく夫から「行こう」と言い出しました。
夫はものすごく「出不精」なので、自分から何処かへ行こうなんて言うのは「奇跡」に近いことなんです。

「ミイラと古代エジプト展」と言うからには「ミイラ」が展示されているんだろうな、くらいにしか思っていなかったのですが、確かにミイラはあるのですが全部布に包まれていました。最新医療技術を使ってスキャンしたミイラの3D画像が見れるというのがウリなんだそうで、『ミイラ』を見たいと思っていた夫はがっかりだったようです。
映像がメインのせいか、展示物は少なめでした。展示物を期待していた私もちょっとがっかりでした。


「ミイラと古代エジプト展」を後にして、ハラペコな私たちは上野公園を気持ちよく歩きながら「黒船亭」へ向かいました。「黒船亭」は洋食で有名なお店で、中でもハヤシライスが有名です。もちろんお目当てはハヤシライスです。でも到着して、2人でうろたえました。だって、お値段が「たかっ」。ハヤシライスが単品で1500円、サラダ・コーヒー・デザートがついた特別セットが2100円って・・・。絶句です。でもせっかくの結婚記念も兼ねたデートだしってことで、この特別セットを注文しました。
で、このハヤシライス、ものすごく、ものすごくおいしかったんです。ハヤシライスってこんなにおいしいものだったんですねぇ。何でも1週間かけて煮込んだデミグラスソースを使っているんだそうです。いやホントおいしかったです。

ハヤシライスを堪能したあとは上野の丸井でウィンドウショッピング。GAPで夏の売れ残りのTシャツを300円でゲットして帰宅しました。結局最後は庶民にもどってしまうのですね、私。

1日上野を歩き回ったせいか、かなり疲れました。夜は疲れのせいか頭痛まで出ちゃいました。そんなわけで今日はゆっくりのんびりしようと思います。でも昨日は楽しかったな。


参考URL
ミイラと古代エジプト展
洋食黒船亭
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

PMS

2006年10月04日 | ふと思った事
いつものことなんですが、生理前になると頭痛が酷くなります。頭痛薬なしで頑張りたいけど、結局我慢できなくて頭痛薬に手が伸びます。そして生理が始まって2日目くらいまでは生理痛です。頭痛があると、「あ、そろそろ始まるな」ってわかるので便利といえば便利なんですけどね。でも毎月のことなのでうんざりするし、イライラしてしまうこともあります。この症状ってPMS(月経前症候群)って言うんですって。

RAO(臼蓋回転骨きり術)で入院の時も、THA(人工股関節全置換術)で入院の時も、この生理前の頭痛のおかげで夜勤の先生を病室まで呼びつけてました。頭痛薬が欲しいだけだったんですが、お薬出すのに先生に診てもらわないといけないんですね、病院って。

以前、PMSに大豆が良いって何かで読んだことがあって、それ以来きなこ豆乳を飲み始めたんです。今ではさらに青汁の粉末もプラスして朝食に飲んでいます。それと納豆。もともと納豆は大好きなので、ほとんど毎日お夕飯のときに食べています。その効果なのかどうかわかりませんが、いくらか頭痛出る頻度が減ったような気がします。以前は生理の1週間前、そして2日前くらいに辛い頭痛があったんですが、1週間前の頭痛があまり出なくなった気がします。

PMSは辛いけど、まだ生理がなくなっちゃ困るし、女って大変ですね。


参考URL

All About 月経前症候群ってなに? あなたも月経前症候群?

お月さまのごきげん
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

金木犀

2006年10月03日 | ふと思った事
どこからか金木犀の香りがします。
いい香りです。
金木犀の香りって子供の頃から大好きです。
金木犀の香りだけで、なんだか幸せな気分になれます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加