変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

車イスの不思議 at ディズニーシー 後編

2004年10月27日 | 股関節のこと
電動車いすのいいところは、あまり力を入れなくても押せること。
電動車いすの悪いところは、坂道を上る時は速度が遅くなり、下る時は速度が早くなること。
速度調節のつまみがついていて、坂道ののぼりで「速く」して、下るでは「遅く」にするんだけど、それが特に下りになると間に合わないのか、あっという間にスピードが出る。はじめは少し怖かった。でも乗ってる私は怖いって思うくらいだけど、押しているYちゃんは坂道の下りになると小走り状態になってしまい、とっても大変そうだった。

ディズニーシーは楽しかった。
でもそれは車いすを使ったからかもしれない。
園内には結構車いすの人を見かけることが多かったんだけど、よく見てみると杖を持った人も結構居た。
前編に書いたように、車いすだと優遇される。でも、杖を使って歩いている人には優遇はない。
あの坂だらけの園内を歩き回らなければならないし、きちんと順番も守って並ばなければいけない。
並ぶということは、立っていなければいけないし、それは2~3分のことじゃなくもっと長く待たなければいけない。
園内にベンチもあるけど、どこのベンチもたいてい誰かが座っていて、休みたいと思った時に必ず座れるとは限らない。
そう思うと、杖を使用しなければ歩くのが辛い、でも車いすは必要ないという人に対しては、冷遇されているっていう感じがしてならない。車いすとは正反対。もう少しどうにかならないものかと思う。

電動車いすと、押してくれたYちゃんのおかげで股関節の痛みをほとんど感じることなく、一日楽しめた。
ほんと感謝してます。その後のYちゃんの状態が少し、心配です。いくら調子がいいとはいえ、やっぱり股関節の手術してるんだから、無理はいけないもんね。(無理させたのは私です。 ごめんねYちゃん、そして本当にありがとう!)






◎広告
手軽に炊けて、確かな栄養価!【ファンケル発芽米】1kg:995円(税込)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車イスの不思議 at ディズニ... | トップ | 私に出来る事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。