変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

やっぱり筋トレ&プール

2006年01月28日 | 股関節のこと
今年に入ってから、夜寝る前の筋トレと、週2~3回程度のプール(水中ウォーキング)をしてきたけど、これでなかなか股関節の調子がいい。
外転筋を鍛える筋トレ(横向きになり、足を上げる運動)も、以前よりも格段に上がるようになった。
外を歩いていも、なんだか足が軽やかで楽しくなってくる。
この調子だと杖なしで歩けるようになるのも、時間の問題かな。


ちなみに・・・
すでに杖なしで歩いても問題はなさそうだけど、ここで無理してせっかく入れた人工股関節を早いうちにダメにすることのないように、ちょっと杖を外すのをためらっています。











アンケート回答者全員にお試し黒酢もろみ・お試しセット送ります!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そろそろ対策をしなければ・・・ | トップ | 疲れたぁ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (sola)
2006-01-29 10:27:54
手術後9ヶ月が経ちました。一生つくぞと心に決めていた杖は、今ではつかない方が多くなっちゃった。でもついた方が楽だし、人工関節にもイイことは分かっているので、たまに持って出かけると、たいてい忘れて帰ります。(これは足の調子だけでなく、頭の調子によるのかもしれない)

杖をつかなくても歩けることを、喜べばいいのかな?

最近、全身の写った写真を見ると、足がまっすぐで、長さがそろっていることに、自分で感動

しています。(以前は脚長差が5cmもあったので)
solaさんへ (applecider)
2006-01-29 11:59:39
solaさん、こんにちは。

私もたまに杖を忘れて玄関を出てしまうことがありますよ。(あわてて取りに戻ります。)

だんだんと杖が邪魔に感じるようにもなってきました。

これって、筋力がついてきている証拠だと思うんです。喜んじゃっていいと思いますよ!



こんにちは~ (おぱーる)
2006-01-29 14:14:17
 私は夏から 杖はほとんど使ってませんが

階段だけは 辛いです(>_<)

手すりにつかまってゆっくりゆっくりです。

どうも体を持ち上げる筋肉は まだ弱いようです・・・(重過ぎるのか?)

お互い 筋トレがんばって 関節の負担を

軽くしてあげようね。
ごめんなさい (おぱーる)
2006-01-29 14:15:30
顔文字使ったら そこから

先が・・・・

 

階段も体を支えられるように

筋トレがんばります!
おぱーるさんへ (applecider)
2006-01-29 16:46:29
そうなんですよね。

階段・・・私も杖ナシでは階段はキツイです。

手すりのない階段もありますからね。

やっぱりもっと筋トレ頑張らないと、ですね。
つえ (217)
2006-01-30 18:02:09
こんにちは

私はそろそろ術後10ヶ月になりますが、杖を会社のロッカーに入れたまんま半年になるかも、、。笑

でもこの前の雪の日は恐ろしかったですねー。人工が入ってる方を転んで骨折でもしたら3ヶ月寝たきり、、、。仕事に行くのにタクシーで行って、外に出ませんでした。笑
217さんへ (applecider)
2006-01-30 21:11:36
217さん、いらっしゃいませ。

すごいですね、結構早いうちに杖がとれたんですね。うらやましいです。



でも先日の雪はホント凄かったですよね。

私は怖いので一歩も外に出ませんでした。

翌日も道路が凍りついていてとても外出できるような状態ではありませんでした。

お仕事されている方の場合は、雪が降ったから休みます・・・なんて言えないですから、大変ですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アメリカのPT国家試験5 (Welcome to Kochou\'s space)
THR(人工股関節全置換術)を受けた患者が在宅理学療法サービスを受けます。 患者は現在、術側の下肢に対し、全荷重が認められており独立して階段昇降が行えます。 彼女は、自分のリハビリテーションゴールは毎日1マイル歩けるようになることであるといいます。この患者の目