変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

お天気が良かったので清澄庭園と清澄公園へ行ってきました!

2006年12月02日 | 普通の日記
昨日、行ってきました、清澄庭園と清澄公園へ。
うちからだと割と近くなんですが、今まで一度も行ったことがなく、前から行きたいと思っていた場所です。

まずは清澄庭園。
それほど広い庭園ではありません。
紅葉がきれいな木が少ないので、今の時期よりも春とか夏のほうが良かったかもしれないと、行ってから気付きました。
広い庭園ではないので、それほど疲れることはないだろうと思っていましたが、石の上を歩くことが多いので足元から目が離せません。
景色に見とれて歩くと転びそうな感じです。
人工股関節の手術を受ける前の私だったら、即Uターンして帰ってきていたと思います。
あまり脚に優しい庭園ではありませんでした。
それと雨が降った翌日だったからでしょうか、池の水があまりきれいではありませんでした。
雰囲気はとてもいいので、ちょっと残念です。





庭園の池にはいっぱい水鳥たちがいました。
人に慣れているのか、近づいても逃げません。







清澄庭園のすぐ横に清澄公園があります。
入ってすぐに広場あって、ここのイチョウの木がとてもきれいに色づいていました。





正直なところ、清澄公園のほうが歩きやすく、広々としているせいでしょうか、なんだか落ち着きました。


参考サイト
清澄庭園 公園へ行こう!

清澄庭園、清澄公園へ行くには、都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」下車。清澄庭園まで徒歩3~4分ほどです。
駅内の案内板ではA3出口となっていますが、A3出口は階段を昇らないといけないので、エスカレーターのあるB1出口を利用したほうが良いようです。
出口からの距離はほとんど変わりません。
ちなみに駐車場はありません。

清澄白河B1出口から清澄庭園への行き方
B1出口を出たら、右へ行くとすぐ大きな交差点があります。
その交差点を渡り、左へ進みます。
しばらく行くと右側に清澄庭園が見えてきます。(看板が出ているのですぐにわかると思います)
清澄庭園の看板どおりに右に曲がり少し進むと清澄庭園の入り口があります。
その隣に清澄公園があります。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加