変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

今日はマッサージ&ダヴィンチ・コード

2006年05月22日 | 股関節のこと
今日は「股関節痛は怖くない!」のM療法士さんの日でした。
2度目だったのですが、前回ほどマッサージに痛みを感じませんでした。痛いところはしっかり痛かったのですが・・・。前回と同じくおしりの上のほうの筋肉が硬いらしく、痛かったです。
前回も言われたのですが、私の筋肉って、とても良い筋肉なのだそうです。太くてしっかりしているんです。そう言えば私が女子高生だった頃、今よりも約10Kgほど体重が軽かったんですが、それでも足だけはしっかり太くて悩んでました。こういう筋肉の欠点は、持久力がないことなんだそうです。確かに私、すぐ疲れます。すぐに疲れるのは偏平足のせいだと思っていたのですが、筋肉のせいでもあったんですね。
さらに思い返すと、20歳頃、まだ股関節の痛みなんかなかった頃、通っていたスポーツクラブのトレーナーから、ボディビルに向いていると言われ、誘われたこともありました。このことをM療法士さんに話すと、「うんうん、ボディビルやってたらきっと優勝するよ!」と言われてしまいました。隠れた素質ってやつでしょうか・・・。もちろんボディビルをやる気はありませんが。

マッサージの後、映画「ダヴィンチ・コード」を観にいきました。
この映画、評判が賛否両論だったし、原作を読んでいないと分かりづらい、なんていうことを言う人もいたようなので、原作を読んでいない私でも楽しめるのかどうかと少し躊躇していたのですが、M療法士さんが昨日観て、よかったという情報をもらったので、観ることにしました。
そして十分楽しんできました。
確かにキリスト教のこととかはよく知らないし、ちょっと難しいかなって思うところもあったけど、それでもおもしろかったです。宗教的な解釈がどうのこうのとかっていうことよりも、単純にサスペンスとして楽しめました。
原作が読みたくなっちゃいました。







『I Love 映画.com』映画や海外ドラマのファンサイト。無料会員登録募集
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加