経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の心

アベノミクス・消費財の底入れ

2015年02月01日 | 経済(主なもの)
 10-12月期のGDPが4%成長になりそうとは、実に結構。ただ、それでも、1年前と比べれぱ、ゼロ成長なのだから、消費増税の傷は深い。しかも、今期の消費の伸びは、巡り合わせの部分があり、足元の1月はもたついているようだ。原油安と雇用増によって緩やかに回復して行くことになろうが、増税前の水準を取り戻すのに、あと半年はかかりそうである。

………
 12月の鉱工業生産指数は、懸案だった消費財の出荷がプラスに転じ、在庫も減って、ひと安心というところだ。それでも、10-12月期の消費財は、前期比で-0.1であった。供給面で消費を見るなら、ようやく底入れをしたかどうかに過ぎない。水準は、2012年秋のノダ後退時の最低水準をなんとかクリアした程度である。

 他方、家計調査は、二人以上世帯の前期比が+2.1と高めの結果だった。需要面は好調に見えるかもしれないが、中身は、揺れの大きい「住居」と「医療保健」の伸びが大きな部分を占める。数字の割に、消費が盛り上がっている感じがしないのは、このためだ。揺れが大きいだけに、次は逆を向くおそれもある。

 GDPの消費を占う消費総合指数は、10,11月までの段階で、前期比+0.8になっており、これから出る12月分が多少低くても、高めの水準を保てそうだ。これがあるから、民間調査機関の予測は、年率4%という高さになっている。もっとも、筆者は、それより低めに見ていて、在庫の始末が残っていることもあり、3%を割るかもしれないと思っている。

 1月については、12月のボーナス増の反動も考えておかないといけない。実際、東大売上高指数は今一つである。また、今日の日経にあるように、軽自動車の年末のシェア争いによる反動もあるようで、これもマイナス材料となる。今後は、こうした一進一退を見せつつ、原油安と雇用増が緩やかに持ち上げて行く展開だろう。

(図)



………
 その雇用だが、消費増税の需要減による停滞から再始動したようだ。12月の労働力調査は、雇用者が季調値で49万人増となり、失業率も3.4%へ0.1低下した。職業紹介でも、新規求人数が季調値で4.7%増となり、新規求人倍率は1.79へ+0.13伸びた。単月での判断は気が早いかもしれないが、良好な内容と言えよう。

 興味深いのは、家計調査の勤労者世帯で、配偶者の収入が17か月ぶり、その他の世帯員の収入が14か月ぶりに実質増加したことだろう。家計調査における消費の大きな低下は、サンブル問題とする見方もあったが、ここに来て、収入増と消費増を見せており、消費総合指数との乖離幅を縮めつつある。家計調査の二人以上の世帯における配偶者ほかの収入は、極めて限界的だったのかもしれない。なお、賃金については、毎月勤労統計の週明け2/4の公表待ちとなる。

………
 昨年4月に消費税を一気に引き上げ、8月には、前回の景気後退の底を割りそうになって、デフレスパイラルに陥る寸前にまでなった。そこで踏み止まれたのは、秋口から輸出が上向くという幸運があった。もし、1997年の時のように、逆に不運が重なるようなことがあれば、悲劇は繰り返されていただろう。

 そして、12月に至り、ようやく底入れが確認できるところに来た。これから再出発である。財政運営の路線は変わらず、財政も年金も緊縮で足を引っ張る中、原油安を頼りに、民間で牽引して行かなければならない。そうして、今年前半に増税で失った消費水準を取り戻し、デフレ脱却という次のステージへ進むことになる。


(昨日の日経)
 パナ・中国とメキシコの生産撤退。トヨタ・値下げ要請を再び見送り。マクロスライド初適用。景気持ち直しの動き、輸出主導で生産増。GDP4%増予測・民間平均。外国人消費52%増。国の債務13.4兆円増、資産12.5兆円増。米GDP2.6%増に減速。

(今日の日経)
 TPPに低関税の輸入枠。電力値下げへ4月から。1月軽自動車販売2割減、年末シェア争いの反動。ピケティ氏・財産に適切に課税すれば政府の負債を支えられる。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/30の日経 | トップ | 2/4の日経 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。