いかばかりかはあやしかりけむ《渓流斎日乗》

探訪記者高田朋之介、号は竹林堂、字は渓流斎が綴る日々の逍遥録です。Pardon! Japonais seulement

いきなり!ステーキに行って参りました。

2017年06月22日 | 経済
「いきなり!ステーキ」銀座店

行動の人、渓流斎ですから、今日のランチは早速、「いきなり!ステーキ」銀座店に行ってきました。

場所は、調布先生が言うところの「寿司界の東大」こと二葉鮨のお隣です(笑)。

別に世界中に愛読者がいる人気ブログ「渓流斎日乗」で宣伝する必要ないんですけどね(笑)。

ステーキ定食200グラム 1188円

大先生がお召し上がりになったのは、ステーキ定食200グラム 1188円。ライスとスープとサラダも付きます。注文を聞いて焼きますから、15分は待たされます。

狭い空間の中で、24人が立ちながら黙々と食べる光景は異様です。何か、ブロイラーの鶏になった気がして、落ち着きませんでしたね。

味は二の次でしたし、私は「ははあ、これが例の原価率55%か!」と考えながら食べていましたので、美味しい食事とはいきませんでした(笑)。

ついでながら、例のソフトバンクの元副社長のアローラ氏の退職金が88億円だったということを書きましたが、今朝の日経を読んだら、ソフトバンクがアローラ氏に支払った報酬は、退職金と諸経費も含めて、総額348億円なんだそうです。

唖然、呆然…です。

しがない普通のサラリーマンの生涯収入は、3億円と聞いたことがありますからね。

もう一度、唖然、呆然。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会計のお勉強で世の中が違っ... | トップ | 豊田真由美議員、激白「何か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL