バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

良い実をつける木

2016-10-02 18:32:06 | 礼拝説教
2016/10/2礼拝説教
【テーマ】  キリストにつながった人生
【説教題】 「良い実をつける木」
【聖書箇所】 マタイ7:15-23
 7:15 にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。
7:16 あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。
7:17 同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。
7:18 良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。
7:19 良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。
7:20 こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。
7:21 わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行う者が入るのです。
7:22 その日には、大ぜいの者がわたしに言うでしょう。『主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言をし、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇蹟をたくさん行ったではありませんか。』
7:23 しかし、その時、わたしは彼らにこう宣告します。『わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け。』

○ 暑い夏が過ぎ去り、いよいよ収穫の秋を迎えました。「実がなる」という言葉は私たちにとってとても嬉しい言葉です。しかも良い実を結ぶことができるなら幸いです。悪い実もあるのだそうです。どのようにすれば良い実を結ぶ人生を送ることができるのでしょうか。

Ⅰ.悪い木
A.偽物
1.このお話はイエス様の時代ですから2000年も前のことですが、 にせ預言者たちに気をつけなさい。 とイエス様が言われました。その頃、偽預言者によって人々は混乱させられたようです。果たして現代はどうでしょうか?
2.偽預言者とはどんな人でしょうか? 彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。 と言っておられるので、表向きは優しいごく普通の人のようです。しかし、その内側は狼だそうです。ということはなかなか見分けるのは難しいことでしょう。

B.本物
1.世の中は何かの不安要素が高まってくるとそのような偽預言者など、占う、予言するというような人が多く現れます。そういう偽預言者がたくさん出てきた頃にイエス様もお出でになったのです。ですからユダヤの上層部はイエス様をもそういう類の人と考える人もいたようです。
2.しかし、イエス様は偽善者のような一見良さそうな人ではなく、本当に心底人を思って活動された方です。イエス様は良い実を結ばれた方です。イエス様は本当の預言者でした。イエス様の語る言葉は神様からの言葉だからです。イエス様はいつでも良い実を結ばれました。
3.疑う人も多かったのですが、イエス様は最終的に十字架によって全ての人の罪の身代わりになることを実行されました。これほど「良い実」は他にありません。

C.悪い木につながるな!
1. 悪い木は悪い実を結びます。 とあるように、悪い木につながっている限り悪い実を結ぶのです。どんなに良い人であっても「人」に変わりはありません。私たち人間は「木」ではなく、枝です。イエス様は神様で、このお方が「木」なのです。
2.偽預言者などは枝であることを忘れてか「木」になろうとしています。そこにつながっても良い実は着きません。悪い木にはつながらないでいただきたい。

Ⅱ.良い木
A.私たちは枝
1.7:17 同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。 と言われました。では、イエス様が言われる「良い木」とはどういう「木」なのでしょうか? 私たちも良い実を結びたいと思います。そのことを例え話としてヨハネの福音書15章で語られています。 15:4 わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。

2.イエス様が良い木です。私たちは枝です。イエス様という良い木につながっている枝は良い実を結ぶのです。イエス様は 枝だけでは実を結ぶことができません と言われました。悪い実を結ぶのは悪い木につながるからではないでしょうか? 良い木につながるなら良い実を結びます。

B.「良い実」とは?
1.聖書の中にすばらしい「実」が書かれています。それは ガラテヤ5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、 5:23 柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。 です。これは 御霊の実 ということで、聖霊によって結ぶ実です。
2.このことがキリストという木につながることです。キリストにつながっていることでこの聖霊の実を結ぶことができるのです。 7:22 その日には、大ぜいの者がわたしに言うでしょう。『主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言をし、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇蹟をたくさん行ったではありませんか。』 7:23 しかし、その時、わたしは彼らにこう宣告します。『わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け。』 と、何か凄いことができたとか、いかにも信仰者という生き方をしてみても、イエス様につながっていないなら最終的には「良い実」を結ばないのです。

● 子どもの時に自分の家に柿の木が10本も植わっていて、全部甘柿でした。種類は違うので、味は違うのですが、どれも甘くて私は柿が大好きでした。ある日、友達と遊んでいるとよその家の塀から柿の枝が出ていて、柿の実がたくさんなっていました。とてもおいしそうでした。友達は「もらおうぜ」と飛びついて一箇取りました。他の友達も、私も同じく。柿泥棒ですよ。絶対いけないことです。そして、民ありがとうございました。一斉にかぶりつきました。私にはあの甘い柿を思って食べたのですが、次の瞬間、今まで味わったこともない酷い感覚が口の中に広がったのです。「ウエー!!」とみんな吐き出しました。急いで水道のあるところに行ってうがいをするのですが、なかなか取れないのです。渋柿でした。後で、家に帰って父から渋柿と甘柿のことを聞きました。うちの家にある甘柿10本は全部、祖父が渋柿の幹の甘柿の枝を接ぎ木したのだそうです。そうすることで立派な甘柿になるそうです。
  また、私は台風でおれてしまった青い実の付いた柿の枝を過敏に挿して置いたことがあります。実が熟してくれるのではないかと期待したのです。なんとなく赤くなったのでこれもかぶりつきました。「オエッ」と吐き出しました。腐っていました。

★ 良い木につながっていなければ良い実はならないし、繋がり続けていないと実は結ばないのです。良い木はイエス様です。イエス様につながり続けて、共に良い実を結ぶ者になりませんか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ救われていない人のため | トップ | 終末に向かってまっしぐら »
最近の画像もっと見る

あわせて読む