バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

私には何があるのか!?

2017-06-11 18:11:58 | 礼拝説教
2017/6/11礼拝説教
【テーマ】  聖霊の力
【説教題】 「私には何があるのか!?」
【聖書箇所】 使徒3:1-10
  3:1 ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。
3:2 すると、生まれつき足のなえた人が運ばれて来た。この男は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日「美しの門」という名の宮の門に置いてもらっていた。
3:3 彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。
3:4 ペテロは、ヨハネとともに、その男を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。
3:5 男は何かもらえると思って、ふたりに目を注いだ。
3:6 すると、ペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、
3:7 彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、
3:8 おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、ふたりといっしょに宮に入って行った。
3:9 人々はみな、彼が歩きながら、神を賛美しているのを見た。
3:10 そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」にすわっていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。

○ ペンテコステから弟子達は大きく変化しました。堂々とユダヤ人の祈りの時間に宮に上って行きます。彼らはなぜ変わったのですか? 聖霊ですね。聖霊の力です。

Ⅰ.私たちを見なさい
A.見ていなかった
1. 生まれつき足のなえた人 は宮のそばにいつも来ているのに宮の中に入ったことが無いのです。それは彼が身に障害を持っていて律法の規定に合わないため宮に入ることができないからです。ですから彼は癒されると直ちに宮に入って行ったのです。
2.彼は毎日ここに来ていたようですが、ペテロ達はこの日まで彼を見たことは無かったのでしょうか? ペテロもヨハネも彼のことを知っていたかも知れません。しかし、ユダヤ人の常識に生きていたため、彼を見てもそこに居るのが当たり前で気にも留めなかったのではないかと思います。

B.その人を見た
1.この日の彼らは違いました。足のなえた彼を見るだけでは無く、 「私たちを見なさい」 と言うのです。彼らはこの足のなえた人を今までまともに見ていなかったのです。聖霊に満たされた人は見方も変わるらしいです。
2.自分を見るように、というのは自分に自信があるからです。しかし、彼らの自信は自分というよりも、自分を変えてくださったイエス様(聖霊)によるものです。聖霊の力です。

Ⅱ.金銀は私にはない
A.金銀しか頭に無い
1.当然のことですが、 「私たちを見なさい」 と、言われたら、物乞いをしている人は、何かもらえると思ってその人を見ます。欲しいのは金銀ですから。
2.まさか 金銀は私にはない なんて言われるとは思ってもみなかったでしょう。彼は何の為に生きているのでしょうか? お金をめぐんでもらうためだけに生きているのです。彼の家族も彼に何の期待もしていないし、彼の稼ぎの多い少ないだけが気になったでしょう。
3.多かれ少なかれ、人はお金に動かされているところがあります。これを克服すると人生が変わるのかも知れません。何しろ、Ⅰテモテ6:10 金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金を追い求めたために、信仰から迷い出て、非常な苦痛をもって自分を刺し通しました。 と言われていますので。

B.金銀のことは気にしない
1. 金銀は私にはない と言ったペテロ。本当にお金は無かったでしょう。仕事もしていないですから、食べるものはイエス様の弟子、家を貸してくれているような人達によって支えていただいたと思います。
2.貧乏には慣れていたペテロかも知れませんが、かつては漁師として生計を立てていたのです。その彼の得意分野とは全く違った分野で働くのです。彼は誰かに養ってもらわないことには生きていけないのです。
3.普通なら不安になります。今まではイエス様が側にいたから不安も消えたのですが、もうイエス様はいないし、ペテロはこの新しい集団のリーダーになっているのです。彼を支えるのは聖霊なのです。

Ⅲ.私にあるものをあげよう
A.持っているようで持っていなかった
1. 金銀は私にはない と言い切ったペテロが即座に続けて言ったのは 私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい でした。 私にあるもの とはイエス・キリストの名による権威でした。
2.イエス様と共にいた時は、ペテロ弟子達はイエス様の権威をも持っているように思ったのです。悪霊を追い出したり、病を癒したりすることがあの頃はできたのです。しかし、実は何も持っていなかったのです。自我の力を信仰の力と思っていたのです。

B.持たないようで持っている
1.そのペテロが聖霊のバプテスマを受けると最も大事なものを得たことがわかります。彼は「力を受けます」と言われたとおり、福音宣教の力を受けました。
2.彼はそれまでの自我の力が聖霊によって砕かれました。砕かれたペテロは聖霊によってイエス・キリストの名による権威が信仰によって与えられていることがわかったのです。
3.外目には何も変わらないペテロですが、彼は 私にあるもの を信仰によって、聖霊によって知ったのです。そして、その信仰の一言、愛の一言を受け入れた男性は歩き出したのです。

★ この癒された男性は喜んで賛美し、宮に入って行きました。そのように、全ての人が神に近づくことは私たちの願いでもあります。その働きのために神様は私たちに「力を受ける」と言ってくださったのです。皆さん、ペテロのように 私にあるもの を知っていますか? イエス・キリストの名による権威を聖霊が発揮してくださるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« われは聖霊を信ず | トップ | 神の教会になぜ問題が起こる... »
最近の画像もっと見る

礼拝説教」カテゴリの最新記事