バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

とにかく祈り始めよう

2017-02-26 16:38:47 | 礼拝説教
2017/2/26礼拝説教
【テーマ】  祈りの習慣を身につける
【説教題】 「とにかく祈り始めよう」
【聖書箇所】 マタイ18:18-20
  18:18 まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。
18:19 まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。
18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

○ 祈りを習慣化しようと努力しているすばらしいクリスチャンが多くおられます。しかし、現実に習慣化されるためには多大な努力を要し、上手くいかなくて挫折した体験を持つクリスチャンも多いことでしょう。少しでもそうした挫折から解放されるために、さらに祈りの深みに入っていくために共に聖書から学んでみましょう。そして、できることから始めてみてください。

Ⅰ.祈りの時間をとろう
A.祈りの時間を決める
1.イスラムの人達が祈りの時間になると、聖地に向かって祈りを始めるというのはよく知られています。同じくユダヤ人にも祈りの時間が決められていました。
2.使徒3:1に ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。 とあるように、ユダヤ人は決まった祈りの時間をもっており、エルサレムにいた人達は神殿に祈りに出かけたようです。イエス様も ルカ5:16 しかし、イエスご自身は、よく荒野に退いて祈っておられた。 と祈りの時間があったようです。
3.朝起きてすぐ、食前、等々時間を決めることは素晴らしいことだと思います。忘れにくい時間帯を祈りの時間と決めると祈ることが習慣化されやすいです。

B.祈りを習慣にする
1.昔でしたら、朝食前にディボーションして出勤ということが普通だったのかも知れませんが、近年はライフスタイルの多様化で、そのような習慣化ができにくいようです。それでも電車の中で聖書を読み、祈るという方もおられます。
2.習慣化されるのは確かに良いことも多いのですが、形式的になるという問題もあります。祈りは敬虔なものですから、形式的になるというのは敬虔さを欠くことになります。
3.なかなか祈りを習慣化しにくい世の中ですので、まずは「いつでも祈るぞ」と思うことです。とにかく祈るのです。そこから始まります。

Ⅱ.聖書を読み、祈ろう
A.声に出して祈る
1.祈り始めると、サタンは祈りを妨害するものです。祈っているのに、「今日はあのテレビ番組があったなあ」とか、「携帯をどこに置いたっけ?」等々、雑念が湧いてくることがあります。これに関しては、声に出して祈ることが大きな助けになります。
2.とはいえ、家にいる時、歩いて祈る時、電車の中で祈る時などは声に出せないことが多々あります。集中して祈ることにかなりの努力が必要になってきます。

B.聖書を祈る
1.また、祈りというと願い事ばかりが出てきやすいです。しかも、祈ったと思っても、わずか数分だったりして祈れていない自分にガックリとくることがあります。
2.そこでお勧めは聖書を読みながら祈るということを習慣化するのです。一日に○章を読むと決めるのも良いかも知れません。あるいは好きなだけ読んでも良いかも知れません。とにかく、聖書に書いてあることを祈ったり、「ここが理解できません」と祈ったり、「私は今日●●を実行します」と御言葉の実行を宣言したりすればいかがでしょうか?

Ⅲ.祈りのグループを持とう
A.祈るためのグループ
1.祈りは基本、自分と神様との関係ですが、今日のテキストは、一人の祈りでは無く複数の人と一緒に祈ることのすごさを教えています。そのために「祈りのパートナー」を持つことをお勧めします。それは「夫婦」も良いでしょう。家族でない場合は同性の方とパートナーになってください。
2.二人でなく、もう少し人数が増やせてグループ化するのなら、異性がいても良いかと思います。要は祈りやすいグループを持つことです。ただ、こうしたグループは毎日集まることは難しいですから、日曜日に共に集まって祈るようにすると素晴らしいです。
3.それは今日のテキストにあるように、イエス様がその祈りを祝福することを教えておられるからです。

B.心を一つにするグループ
1.祈りのパートナーとの祈り、グループの祈りの大事な点は 心を一つにして祈る ことです。そのためにも、心を一つにしていくグループを作るのです。祈祷会や定例会もそういうグループとなり得ます。
2. 18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。 と言ってくださったように、イエス様が臨在されるグループが幸いなのです。人数は多すぎない方がいいでしょう。
3.マナの会もいいですね。礼拝前の祈りを数名で行うのはとても良いと思います。もちろん、礼拝の後に祈るのもいいでしょう。有志の祈り会、リバイバル祈祷会でグループで祈るというのもいいでしょう。

★ とにかく祈り始めてみることです。さらに祈りのパートナー、祈りのグループを作ってみてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希望を奪われるな! | トップ | 想像の神? 創造の神! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む