バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

悪に負けるな!

2016-05-29 17:50:16 | 礼拝説教
2016/5/29礼拝説教
【テーマ】  愛の行い
【説教題】 「悪に負けるな!」
【聖書箇所】 ローマ12:19-21
12:19 愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」
12:20 もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。
12:21 悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。

○ いよいよ12章を終えます。9節からクリスチャンが愛の人として生きる生き方をパウロは教えてくれましたが、決してそれはマニュアルではありません。また、人間の努力だけでなれるものではありません。聖霊が働かれるからこそ、私たちも「愛の人」になれるのです。

Ⅰ.復讐するな!
A.仕返し
1.この19節は 12:14 あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。祝福すべきであって、のろってはいけません。 と等しい教えです。かつての日本では「仇討ち」「敵討ち」が認められていました。武家時代には儒教的・武士道的観念から盛んに行われたのですが,1873年(明治6)太政官布告により禁止されました。
2.この「敵討ち」は「仕返し」ということです。「やられたら、やり返す」という考えです。これはいくら1873年に禁止されても、人々の心には根強く残っていたようです。
3.「復讐することを我慢しろ」と言われても、悪しき相手を赦すことができません。我慢しているとその気持ちは鬱積していくのです。そして、その怒りが爆発してもっと大変なことになることが多いのです。

B.赦す
1.パウロは「復讐するな」「やり返すな」と教えています。事実、イエス様もペテロの質問にこう言われています。 マタイ18:21 そのとき、ペテロがみもとに来て言った。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。」 18:22 イエスは言われた。「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。 これは490回赦せば良いという意味ではなく、徹底して赦すことです。
2.もともと我々は「ゆるす」ことが大事だということを知っているのです。しかし、「赦せない心」があるのも事実です。パウロはどのようにして、この心を克服し、復讐しない心を持つようにというのでしょうか?
3.パウロは「復讐を我慢しろ」といっているのではないのです。「復讐するな」と言っているのです。我慢だと怒りが蓄積するのです。怒りの解決と赦しの心を持つことが必要となってきます。

Ⅱ.怒りに打ち勝て!
A.復讐は神に任せよ
1.聖書に書かれているという 「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」 というのは 申命記32:35 復讐と報いとは、わたしのもの、それは、彼らの足がよろめくときのため。彼らのわざわいの日は近く、来るべきことが、すみやかに来るからだ。」 です。これは ヘブル10:30 私たちは、「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする」、また、「主がその民をさばかれる」と言われる方を知っています。 にも引用されています。
2.パウロは私たちが復讐するのでは無く、 神の怒りに任せなさい。 と言うのです。人間は怒ってはならないのでしょうか? エペソ4:26 怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。 と言っています。人間は怒ってしまうでしょう。ただ、怒りで罪を犯さないように自制しなければならないのです。

B.怒り
1.イエス様の時代を見ると、律法学者やパリサイ人はすぐに怒っていました。正しいイエス様を告発できないから、弟子達の行動を見ては怒っていたのです。「律法主義」がこうした怒りを生み出しています。しかし、彼らにすれば正しいことをしているつもりなのです。
2. 神の怒りに任せなさい。 ということは、神様は怒る方なのでしょうか? 本来怒ってもよいのは神様だけなのです。なぜなら神様には不公平もなく、完璧に正しく、悪しきことにだけ怒ることができる方ですから。
3.人の怒りは往々にして役に立たないのです。完全な正しさを知らないからです。完全な神に怒りを委ねることができれば何と幸いでしょう。

Ⅲ.善をもって悪に打ち勝て!
A.処世術なのか?
1.むしろここでパウロが言うのは 12:20 もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。 です。赦すばかりか相手を祝福するように言うのです。 そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。 と、まるで処世術のような事が続けられています。そういう風に捉える人も多いでしょう。
2.この言葉は箴言にあります。 箴言25:21 もしあなたを憎む者が飢えているなら、パンを食べさせ、渇いているなら、水を飲ませよ。 25:22 あなたはこうして彼の頭に燃える炭火を積むことになり、【主】があなたに報いてくださる。 聖書は人生のマニュアル程度のことを言っているのでしょうか?

B.もてなされたのは私たちの方だ!
1.神様の怒りはイエス様の十字架に落とされて、私たちには赦しが来たのです。つまり、飢えていたのは私たちです。渇いていたのも私たちです。その私たちがイエス様によってもてなしていただいたのです。
2.イエス様の十字架は一見悪魔の勝利でしたが、これによってすべての人の救いの道が整いました。イエス様は完全に善をもって悪に打ち勝たれました。
3.私たちも悪に打ち勝つのは、このイエス様の十字架なのです。福音を握って、聖霊の愛に満たされていくことで 12:21 悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。 が実現するのです。

★ 悪に負けたい人は無いと思います。しかも善によって悪に打ち勝ちたいのです。それはイエス様の十字架による罪からの勝利で得られ、聖霊の働きによるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分を捨てて | トップ | 神様のくださる良いものとは? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む