バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

もう一人の助け主

2017-05-14 19:33:59 | 礼拝説教
2017/5/14礼拝説教
【テーマ】  約束の聖霊
【説教題】 「もう一人の助け主」
【聖書箇所】 ヨハネ14:12-17
  14:12 まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。
14:13 またわたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、それをしましょう。父が子によって栄光をお受けになるためです。
14:14 あなたがたが、わたしの名によって何かをわたしに求めるなら、わたしはそれをしましょう。
14:15 もしあなたがたがわたしを愛するなら、あなたがたはわたしの戒めを守るはずです。
14:16 わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。
14:17 その方は、真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず、知りもしないからです。しかし、あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。

○ 今年のペンテコステの日は6月4日。あと1ヶ月を切りました。イエス様が約束された聖霊はどのような方でしょうか? 弟子達はペンテコステの日までそのお方を理解できませんでしたが、イエス様は聖霊をすばらしいお方として紹介しておられます。

Ⅰ.私たちの内に住まれる「聖霊」
A.イエス様の昇天後に来られる
1.復活されたイエス様が弟子達に約束されたのが「聖霊」でした。「聖霊を受けよ」と言われたイエス様ですが、十字架にかかられる前にイエス様は「聖霊」のことを語っておられました。その一つの箇所が今日のテキストです
2.イエス様は十字架 → 復活の後、「昇天」されました。イエス様はその復活のお姿で天に帰られましたが、その前に弟子達に大事なことを伝えなければなりませんでした。それが「聖霊」のことです。

B.私たちの内に住まれる
1.弟子達はユダヤ人ですから、神様は霊であり、目には見えないことはわかっていましたし、神様は聖い霊であることも知っていました。しかし、三位一体の神の一位格としては理解していませんでした。
2.イエス様が伝えた「聖霊」はイエス様を信じる人の中にお住まいになるという神様です。これは弟子達にはにわかには信じられなかったことでしょう。
3.旧約時代も聖霊はおられましたし、人々に働かれていましたが、内に住むというお方としてではありませんでした。それはイエス様の十字架の贖いによって人々の罪が赦されていないからです。罪・汚れの無いところに聖霊はお住まいになるからです。

Ⅱ.もう一人の助け主「聖霊」
A.もう一人
1.イエス様は 父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります と言われました。人々にとって「助け主」「救い主」はイエス様でしたが、このイエス様が天に帰られるので、イエス様は もうひとりの助け主 のお出でになることを約束されました。
2.イエス様が十字架で死なれたので、イエス様の働きが終わってしまったのではありません。イエス様は復活され、昇天され、天でその役割を果たしておられます。言うなれば、地上生活では時空間に制限されて一時に全ての人のところにいることができなかったイエス様に代わり、聖霊が全ての人とずっと共にいてくださるようになったのです。

B.助け主
1.では、どのような助け主でしょうか? イエス様が私たちの救い主として十字架にかかられたことは明白ですが、私たちはただ罪から救っていただくだけの存在では無いのです。神様には私たちを造った目的があり、本来の人間としての生き方をして欲しいわけです。
2.人は神を賛美するものとして造られています。神と共に幸せに生活するように造られています。そのための「助け主」です。ですから、イエス様の名によって大事なことを求めるなら、聖霊は助けてくださって、その祈りを引き上げてくださるのです。また、大事なことを祈らせてくださるのです。

Ⅲ.真理の御霊なる「聖霊」
A.真理を知らなくてはならない
1.私たちは「真理」を知らずに生きていくと、その生き方は危ないものになります。「真理」は大事です。しかし、この世はサタンの支配があることを忘れてはなりません。聖霊が 真理の御霊 であるということは、真理で無い霊、悪しき霊、サタンは上手くその「真理」から私たちをそらそうとします。
2.一般的に信じにくい、処女降誕、復活といったことをはじめ、イエス様のなさった奇跡の業、救いということに関しても間違った教えを受けることは恐ろしいことです。聖霊はイエス様を正しく示してくださるお方、「助け主」です。

B.真理は広められなくてはならない
1.イエス様が言われた 14:12 わたしを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。 というのはイエス様が限られた地域で活動なさったのと違い、聖霊が住む全ての人によって、福音宣教の働きは全世界規模で行われるということでしょう。
2.ですから、「真理」が語られなくてはなりません。私たちが真理を語らねばならないのです。聖霊は真理を広める助け主なのです。私たちは世が知らないお方「聖霊」をいただいているので、世とは違う「真理」を知っているのです。

● イエス・キリストを信じれば救われるということは単に知識だけでは役に立ちません。クリスチャンがそれを実体験しているからこそ力強く語ることができます。

★ 私たちはイエス様という救い主によって罪から贖われました。そして、さらにもう一人の助け主によっていつも助けられています。この聖霊に満たされて日々過ごそうではありませんか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私に従いなさい | トップ | 人にはわからない神の計画 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む